遺文 吉原裏同心(21) 佐伯泰英 ネタバレ注意 未決で暗躍していた御広敷番の暗躍再び。古都鎌倉で勝負三昧の日々。

吉原は金が動くし、注目度が高いから、何度となく狙われてます

最初は、田沼政権が返り咲くため

次は、老中松平を惑乱させるため

そして、今回は、お城の御広敷番の暗躍です

1章、大牢の夢

2章、引っ越し騒ぎ

3章、古都詣で

4章、道慶老師

5章、禅寺の地蔵菩薩

今回の事件は、壮大でした

未決、の時のもやもやも落着してうれしかった

四郎兵衛さんは、お芳のとこの相庵先生のとこに担ぎ込まれ

なんとか生還します

で、幹次郎たちは柘榴の家のお引越し

大工の娘の「おあき」が下女として住み込み

黒猫の黒介が、同居人ですね

さて。四郎兵衛はが

外には、ひん死、ってのを伝えてます

無事に助けだしたけど、黒幕とか、なぜ?の謎が残っていたので

無事だってなると、また狙われるかもしれないからね

そんな時に、めずらしく佐吉から、牢から出たあとを

すけてほしい、って手紙が幹次郎に

実は、佐吉が仕事で牢に入っていた時に殺しがあって

その殺しのせいで殺されるとこでした

で、その殺された男ってのが、今回の四郎兵衛拉致事件にかかわってるらしい

で吉原には、過去に遺文というものがあって

そこに「追加条項」があるものが出回ってました

でも本物には追加条項はないはず

その本物があるのは古都の鎌倉の寺、ってことでして

今度の四郎兵衛拉致、拷問、地位譲れ、攻撃にも

その遺文が絡んでいる、って探り出したので

四郎兵衛は、ひん死の状態、っていう替え玉を仕立て

幹次郎だけをお供に、鎌倉へ

そして、御広敷番の古い小坂が、遺文を狙っている男とわかります

さらに

実はこの男が、吉原を作り上げた庄司家の末裔らしい

御広敷番の地位でお庭番のような組織を持つ古い小坂は

強敵を幹次郎に向けますが

そんな敵対者の中で二人が、幹次郎に助けられて。寝返ります

古坂は権勢欲がつよくて、嫡子も返り討ちにする男で

会所のトップを四郎衛門から奪って、吉原の金と影響力をゲットしようとしてました

ですが、本物の遺文には付帯条項はない、と確認でき

遺文を守る僧兵たちの登場もあり

ついに古坂は御広敷番のトップを強制解任されます。

古坂は幹次郎に成敗され

これにて、一件落着

遺文posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2014年06月12日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。