青薔薇アンティークの小公女(2) 道草家守 推し本。私の感想レビュー備忘録。阿片を操る貴族。

推し本。

1巻目が面白かったので、2巻目も読んでみました。

1巻では、骨董店で働くことになったローザが、アルヴィンの秘密の力を知るとこで終わりました。

アルヴィンは伯爵家という、高位貴族の嫡男でしたが

神隠しにあって、戻ってきた時は年齢が増えてないうえに、感情がフラットで

結果、愛人の子、って設定で継承権もなくしてました

って感じの話が、2巻でわかってきます。

青薔薇アンティークの小公女2 (富士見L文庫) [ 道草 家守 ]

青薔薇アンティークの小公女 | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

推しの文庫本レビュー | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

青薔薇アンティークの小公女 目次

序章、アールグレイの届人

1,妖精盗みのティーキャディ

2,黄色の女のボタニカルアート

3,リャナンシーにさよならを

終章、ポットの妖精のためにひと匙を

青薔薇アンティークの小公女 ネタバレ注意

感情面がフラットなアルヴィンですが

その観察眼は天才的だし、一度見たことは忘れません。

ローザは、母の躾で上流階級の「所作と発音」を手にしてますので

きちんとした服を見ると、ほぼ貴族です。

あと、成長が遅くて(発育期に食べられなかったせいかも)

年齢が幼く見られたりもしますが

労働者階級であれば、十分「食い扶持を稼ぐ」お年頃です。

霧の中、で金持ちの男性が時計を掏られるとこだったのを防ぎ

感謝されたローザが、送り届けられたとこは

ローザの働く、青薔薇骨董店でした。

で、紳士の名前はクリフォード・グレイ卿

アルヴィンの実の弟でした。

ただし、アルヴィンが妖精の国にいる間に、弟の方が年長者になってますね。

紅茶は、当時でも高価な品で

グレイ家は、アールグレイ、がグレイ家からとられた、ってくらい

紅茶に関わりの深い貴族だから

紅茶の粗悪品が出回ってる、ってことへの調査をクリフォードが持ち込みます

紅茶の茶葉の扱いから、箱引き出しが二重底になっているのを

すぐに見抜くアルヴィンです。

紅茶を運ぶ従業員が、給料では買えない高額の靴とか色々を持ってるのを見て

葉の横流しをしてる、って

青薔薇骨董店に、絵を持ち込む夫人がいました。

所作も言葉も上流階級ですが、侍女も従僕もいない

そして、一枚の絵を置いていく。

絵を描いた人物を突き止め、あるカントリーハウでの会合を知り

それが、グレイ家に恨みを持つ貴族だとわかります。

で、アルヴィンが、カントリーハウスの客人を喜ばす、って形での招待状をゲット

ローザを連れてカントリーハウスに行くと

クリフォードがいました。

クリフォードは、そこが阿片くつになっていて、貴族の男女が

阿片中毒にされ、それをネタに脅されてるとか

いろいろ勘づいていたんで、やめろ、と言いに来たんですが

そこんとこが、やんごとなき種族なもんだから

平民上がりの悪党には通じずに、自分の従僕を人質にされて

自分の腕に阿片の注射をしろ、と強制されるハメに。

そこへ、アルヴィンが追い付いて、阿片の倉庫とかもみつけて

知人の警官に通報済みだったので、一網打尽となりました。

絵を持ち込んだのは、悪徳貴族の奥様で

それも、お金で買われて、自分の妻なのに仲間に娼婦扱いさせる奴のとこで

必死に、阿片のことを伝えたくての、絵画ばらまき作戦でした。

今回の事で、ローザがちょこっと仲介して

アルヴィン兄と、クリフォード弟の関係が

緩和されましたね

お互い、言葉があまりに足りないですね。

さて、妖精の国で奪われた感情を、アルヴィンは取り戻すことができるのか

ローザの出自の秘密は、わかるのか

この二点は伏線のままで

3巻が出てます。

次も、読む予定です(^^)

青薔薇アンティークの小公女2

posted with ヨメレバ

道草 家守/沙月 KADOKAWA 2023年01月14日頃

楽天ブックス

Amazon

Kindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです 。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

このブログは、プロモーションが含まれております。