白銀の墟 玄の月(2) 小野不由美 1巻と同時発売。主上は死んだ? ネタバレ注意

2巻です

しろがねのおか、って読みますが

おか、って漢字感じが、出てこないので、本のタイトルをコピペしてます

1巻と同時に発売。

で、結末への3巻4巻が、翌月だったので

私は、全部出てから一気買いいたしました。

で、積んでたんですが、コロナでステイホーム、となりましたので

一気読み

さて、2巻です

7~12章

泰麒は、国の崩壊を少しでも抑えたいと、李斎と別れて王城である白圭宮へ

李斎の方は、主上は生きている、って信じて、民の目撃情報をおっかけてます

2巻では、李斎が、土匪の親玉の朽桟、ってのを知り合って

こいつが、けっこう男気のある頭目で、李斎と行動をともにすることになります

泰麒の方は、亜選に疑われてますから

試しに、って腕を切られ、その時に、泰麒の妖魔が動かずに切られたので

泰麒が、亜選こそ王だ、って言葉を信じてやる、ってことに

泰麒は、蓬莱っていう名の現世でもまれて、したたかな麒麟になったのよね

さらに、耶利っていう腕利きが、泰麒の配下に送られてきたりします

王宮では、亜選は政治に関心がなく、治安も治世も乱れ放題ですが

そんな中で、亜選にくっついて甘い汁を吸ってきた

張運ってのが、暗躍したりします

李斎の方は、あやしい、ってところを片端から探すうちに

玉を買い取る豪商が、流民からも買い取るってことで

最初は流民から主上の消息を探したい、って近づいたんですが

やがて、その豪商の館が、隠し砦みたいだ、って気づきます

武器もたくさん作っている

対亜選の準備らしい、って

そんな中で、泰麒が、亜選こそが王だ、って言ったので

国内にその告知がなされまして

李斎たちは、びっくりします

さらに、白い髪、赤い目、という、主上の姿かたちをした兵士が

すでに死んでいた、っ情報が入り

主上は、もう死んでいるのか、って・・

とこで2巻が完了ですね

白銀の墟 玄の月 第二巻posted with ヨメレバ小野 不由美 新潮社 2019年10月12日 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。