樹林の罠 佐々木譲 道警シリーズ(8) 最新刊の感想レビュー備忘録。やっぱりこのシリーズが一番面白い。

推し本。

北海道県警を舞台としたシリーズで

最初の1冊は、ちょっと変更加えて映画化されました。

その後、くっついたカップルが別れたりしてますが

レギュラーキャラがずっと同じだから、安心感がある。

本作は、シリーズ8冊目の最新刊。

7冊目の、雪まつりの話は今一つだったんですが

今回の、樹林の話は、とっても良かった。おすすめ。

ネタバレ注意。

樹林の罠 [ 佐々木 譲 ]

1~5章

桂木陽一が拉致されるシーンから始まります。

そして、佐伯刑事が相棒の新宮と、ホテルの警備室へ。

客とデリヘル嬢がもめて、呼び出されたんですが

普通、暗黙の売春絡みの話に、客が告訴する、ってデリヘル嬢をつきだすことはないのね。

で、佐伯刑事の情のある解決となります。

コロナでいろいろ仕事に困った女性が

マッチングアプリで本番したのに、若くない、とかいろいろ文句付けて

客が払わなかったという。

ここらの名奉行?ぶりは是非本編で。

ああ、佐伯刑事ってこういう人だったな、って

シリーズの流れを思い出します。

佐伯刑事は、生活安全課の小島百合と付き合ってたんだけど

佐伯が、ちょっとボケかかった父親を引き取ったことで

つきあいを解消してます。

百合に負担をかけたくなかったのね。

お互い、大人で、きれいに別れてますが

まだ心が残った状態ね。

百合は、ある小学生の女の子が交番にきたので

出張ります。

田舎から札幌の父に会いに来たんだって。

両親は離婚して、でも娘はまだ知らないらしい・・。

父親の経済力がなくての離婚らしく、娘は父を慕ってるし

父も娘がかわいい。切ないね

で、この父親が、ヤバイ筋に木材会社に勤めていて

知り合った百合に、相談したそうなそぶりですが

その時は、スルーで別れます。

その後、拉致られた桂木が、交通事故という形で死体になり

ドライブレコーダー動画から、ふらついていたことが分かり

解剖の結果、スタンガンを使われていた、とわかり

一気に事件性をおびます。

で、桂木の事件から、彼が起訴の件で訪問するはずだった

弁護士事務所荒らしの事件が浮上し

桂木の他にも、相談する人がいて

その相談内容は、キャンプ用に買った森の木の伐採案件でした。

間違って伐採した、という申し出があり

でも、その量が多すぎると気づいた者から起訴の話がでて

という流れがあり

かつて、失踪届ののち、沢で亡くなった、という男が見つかり

森なら死体は埋め放題、であり

そのわけあり土木会社が

ハングレの、土木会社であり、百合が対応した少女の父の

元のブラック会社だったりするわけです。

縦割りの警察の捜査部門が

佐伯の人脈で、捜査結果をもちより、犯人を見つけるとこは

すばらしかった。

とってもおススメです。

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

樹林の罠posted with ヨメレバ佐々木 譲 角川春樹事務所 2022年12月15日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。