剣持麗子のワンナイト推理 新川帆立 続の連作本の感想レビュー備忘録。

元彼の遺言状 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) [ 新川 帆立 ]

倒産続きの彼女 [ 新川 帆立 ]

と続いて、本作の剣持麗子のワンナイト推理 [ 新川 帆立 ]

と続きます。

倒産続き、の話の中で

ある組織が匂わせられてるんですが

本作でも、黒丑という若い男と、その父親がからんでます。

1話、家守の理由

2話、手練手管を使う者は

3話、何を思うか胸のうち

4話、お月様のいるところ

5話、ピースのつなげかた

1巻目で、村山弁護士が亡くなって

なんというか、金目当ての剣持が、弁護士の本道として

彼の顧客を引き継いだら

仕事のできる、親切?な弁護士と噂がたって

会社関連ではないこまごまとした案件が増えました。

ホストで源氏名が武田信玄、という男が村山先生の携帯に電話をかけてきて

村山先生に、殺人事件の弁護を頼みたい、って

で、ちょうど、奈良漬けで酔った、っていう女の弁護と重なり

眠い中でも、断り切れずに

新宿署の橘五郎の捜査に、弁護士として参加します。

死亡者のいた場所にいたのは

権利書を燃やすためで、真犯人は

剣持と橘で、さくっと見つけられたようです。

で、信玄=本名黒丑が、庭を掘り返すので

なぜ、と訊いたら、親父が死体を埋めてるかもしれない、って

たんに、ワンコのおしっこで花の色がかわったんですけどね。

バーで殺しがあって、犯人、って思われてる源氏名・明智光秀が

剣持に弁護を依頼しますが

剣持は、さくっと光秀が犯人だと見抜きます

父親の愛人をおっかけたら死んじゃって、暴行罪にされる

って剣持に連絡してきた女もいました。

喉に印鑑飲み込んで急死したらしいです。

弁護士事務所の峯口弁護士の急死とかが、その事件の真相にからみ

まだらぼけの老女が、自殺男の家に戻ってきた、っていう

悲しいカップルのお話もあるし

会長、っていう、子供の時に針で人をころしたじじいが登場し

この人が、殺人のグレーゾーンをしきる組織の親玉らしく

倒産続き、の話に出てきた組織と絡むようです。

黒丑は、故意に剣持と接触してました。

村山弁護士と縁があった、ということも嘘でした。

黒丑は、母親を事故死させた暴力親父を

いつか破滅させるために、父親の片棒を担いでいるようです。

これ、続編でるのかな。

ちょっと、宙ぶらりんの終わり方。

剣持麗子のワンナイト推理posted with ヨメレバ新川 帆立 宝島社 2022年04月08日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。