奨学金、借りたら人生こうなった 千駄木雄太 感想レビュー備忘録。

階級の固定化が気になる時代です。

進学に奨学金をつかう弊害ばかりが伝わる中

実体験の人たちのルポが読みたくて購入。

面白かったので推し本(^^)

以下、ネタバレあり。

奨学金、借りたら人生こうなった (扶桑社新書) [ 千駄木雄大 ]

結果論として、学歴は必要。

ただし、就職に有利になる大学の学歴が

東京の国立大。

授業料免除の制度が揃っている。

お金持ちの子どもとかが多いので、奨学金の枠が取りやすい。

大学進学を、経済面だけであきらめるなら、奨学金が良い。

貧しさのハンデは社会人になって取り返せる。

借りる額は、ちゃんと返済を考えて

看護奨学金

卒業後にお礼奉公のように、大病院に勤めると

返済が免除となる。

進学後、2年生から給付型奨学金がもらえることもある。

最近は、企業などでの独自の給付型が充実しているので

調べることが必要

修士での奨学金生活もある。

借りたお金を、全額使い切るのではなく

それを貯金して備える、という考え方もある。

交通事故の保険金は、ラッキー金として貯金

この本にある人は、現在、奨学金を得られて良かった、っという人が多く

その為には、ちゃんと勉強し

ストイックに返済し、と

いろいろちゃんと考えてますね。

2000万円いじょうを借りて、医師になった人のいる。

奨学金、をちゃんと知る事が大事だと

こころから思えるルポ本でした。

おすすめ

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

奨学金、借りたら人生こうなったposted with ヨメレバ千駄木雄大 扶桑社 2022年11月01日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。