70代で死ぬ人、80代でも元気な人 和田秀樹 作家買いした本の感想レビュー備忘録。

作家買いです。

和田秀樹先生の本は読みやすくて好き。

今回は、夫が購入したのを私も読みました。

70代で死ぬ人、80代でも元気な人(マガジンハウス新書) [ 和田秀樹 ]

まえがき

危険な70代を乗り越えて、元気溌剌な80代へ

序章

70代、80代はもっと自由に生きていい

1,元気な80代を迎えるための心がまえ

2,今の70代は、知的で反骨の世代

3,人生100年時代は、70代が黄金期

4,健康長寿をつくる、ランチ外食、のすすめ

5,老化に負けない70代の生活習慣

6,ガン、認知症とどう付き合うか

あとがき・人生の本当の輝きは80代からはじまる

外へ出ろ、っと言っていたのが

コロナで、内にいろ、になって

高齢者の体力が落ちている。

免許返納は、要介護老人を増やすだけ。

これは、誤解がある言い方かも

老人でも元気な人は、そのまま

ヤバイ人は、さくっと返納で

返納を強制しない、ってことね

歩道橋は、老人には無理

これは、前から感じてた・・。

今の60代は現役で働く世代。

70代で、やっと自由に遊べる。

黄金期ね

気が付けば90代ってのが理想。

私の実父がこれです。

いつの間にか90代。すごく元気

集まってよし、離れてよしの70代。

これは、名言!

空前の受験戦争を勝ち抜いたのが、今の団塊世代

70代ですね。

今回の本を読んで、なるほど、って思いました。

経済的に貧しい人の多い時代。

大学進学をあきらめる、下宿できないから地元の国立しかめざせない。

そうしてはじかれた優秀な高卒が、日本の経済を底上げしてた。

おお~

確かに~

当時の高校生のレベルは、今の高校生より高かった、らしい。

ゆとりじゃないからね~

教科書も、厚かったらしい。

働かなくなっても、市民であることにかわりはないので

議論して、ダメなことはダメと導いて欲しい

うん、そう思う

女性は、高齢化で男性ホルモンが出て、活発化するそうな

ほ~

ボランティアは、社会のためじゃなくて、自分のため

ランチ巡りで、海外巡りができる。

これは、発想の転換ね

セロトニンは、肉から、刺激から

うん

数値ではなく、不調を治すのが薬。

危険なのは、高いより低いこと。

ここらは、医師である著者の持論ですね。

樹木希林さんの、ガンへの対処がすごい。

ガンだと、余命が読めるので、タタミの上で死ねる、って

これは、ある意味、最高かもしれない・・。

認知症は、単なる生活障害である。

たしかに、障害の一種だな。

いろいろ視点を変えることを教えてくれる本でした。

オススメ

70代で死ぬ人、80代でも元気な人(マガジンハウス新書)posted with ヨメレバ和田秀樹 マガジンハウス 2022年03月31日頃

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。