黄金雛 羽州ぼろ鳶組零 今村翔吾 最新刊のネタバレ注意

大好きなシリーズの最新刊で

なんと、源吾たちの若かりし頃のお話でした

これを読むと、シリーズの1巻からが読みたくなります!

序章

1章、炎聖

2章、死の煙

3章、ならず者たちの詩

4章、親子鳶

5章、火消の乱

6章、鉄けいと呼ばれた男

終章

付録に、登場人物の年表があって

これがとってもお役立ちでした!

1740年前後にたくさん生まれてるのね

火消しの雛たち

まさに、黄金の時代です

序章が菩薩の内記ではじまりまして

この人、裏で人身売買とかしてる、って本編に載ってる人で

え~、って思ったんですが

この頃は、亡くなった天才火消しの兄上を継ぐために

それは一生懸命だったのね・・

加賀鳶とかも、本編で出てくる勘九郎の父上がトップで

でもって、尾張藩で、火消しの神様みたいに皆に慕われていた

甚兵衛って人がいます

この人が、仲間もろともに、焼死させられるのね

この場面は、本当に壮絶だった・・

だからこそ、一人生き残った甚兵衛の復讐心が共感されるんだけどね・・

源吾の父上は、重内って言われてますが、源吾はもとより

仲間にも、それほどデキル男には見えてないんだけど

加賀鳶とか、火消しの大御所たちは、重内をとてもかってます

で、いくつかの不審火がおきて

鳶も、火消しも、助けに行った人が全滅するっていう

恐怖の煙が発生してるとわかり

江戸火消したちは、若者を投入するのをやめる、って決議します

それを受けて

源吾とかの若手がそう反発しまして

煙の正体をさぐり

被害者の共通点を探り

で、甚兵衛が生きていての復讐だ、って気づくのね

尾張藩の火消しを全滅させた事件です

幕閣にも共犯者がいたようで

そいつらは自分がかわいいので、甚兵衛が狙った最後の犯罪者を

おとりにして、火消しさせない、ってもろともの滅亡を図りますが

それを若手は黙ってみてられなくて

火事が出たら消すんだよ!って走り回るわけです

で、最後には落着するんですが

源吾の父上が亡くなるとこが泣けた・・

ああ、ネタバレではこの熱さはとても伝えられないので

ぜひ、本作を読んでくださいませ

でもって、これを読んだら、絶対に全シリーズ読みたくなると思うので

ぼろ鳶組シリーズを読破してくださいませ

お正月に、とってもほどよい長編小説となってますえ

黄金雛 羽州ぼろ鳶組 零posted with ヨメレバ今村翔吾 祥伝社 2019年11月01日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。