転生令嬢と数奇な人生を(4) かみはら 推し本の感想レビュー備忘録。転生の原因他

推しのネット小説の書籍化。

ネット小説は、いろんな出版社から出てます

なろう小説から、良さそうなのを、常に出版社がアミ張ってる感じです。

本作は、早川書房にピックアップされたシリーズ。

さすが、早川です。

とっても面白い。

なんのチートもなく転生してきた貴族の令嬢・カレンですが

転生前の記憶ではアメリカ人だったルカと出会えて親友となり

1巻では、母親に存在を忘れられて平民となり

辺境の爺様に嫁いで(白い結婚)幸せだったら

隣国の侵略にであって、一家全滅、当人は強姦殺人の被害者寸前

までいきましたが

2巻で、なんとか生還して、義理の息子と二人でなんとか王都へ

そしたら、王都では後継者二人が決闘して、どさくさで二人とも死亡

ついでに、王宮の王様もクーデターでころされて

帝国へと移転します。

3巻では、帝国でルカと再会しますが、ルカは魔術師としてチートで

それを帝王に疎まれたりなんだかんだで、ルカを助けにカレンが走るも

どうせ死ぬならあなたの手で、とルカに望まれてカレンがルカをころす

ってとこまででした

そして、本作の4巻へ

ネタバレ注意

転生令嬢と数奇な人生を4 希望の階【きざはし】 [ かみはら ]

転生令嬢と数奇な人生を | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

推しのネット小説レビュー | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

1,ただそれを伝えるために

2,彼女が残したモノ

3,愛しのお米

4,母は強し

5,悪意の栄典に佇むお飾りの主役

6,山の都、転生の真相

7,ワタシのマスター

8,求婚と決別

9,ラトリア人とあち

10,すすむためのさようなら

11,始まりは悪夢から

12,ささやかなよげん

外伝、とある滅亡の前日談

特典、私がみ使いになった日

片付いてしまった部屋

ルカをカレンが撃ったのは、死体に脳みそがあると

帝国を守る箱を壊すことができないからで

その結果、反逆者ルカを殺した英雄と呼ばれることになります。

帝国側は、ルカの脳みそがゲットできないことで、密かにカレンをターゲットにしますが

ルカは、両親に自分の未来を予見していて、残した伝言があり

それを、カレンは受け取ることができました

結果、チートのなかったカレンは、ルカの能力をゲットします。

そして、自分が地球からこっちの世界に呼ばれた理由が

わかってきます。

山の民による召喚の儀、ってのがあって

地球からの、こっちではチートになる知識をゲットしたくて

地球の人間を殺して、霊体だけこっちの人間にいれる、って儀式があったらしい

で、そんな山の民は、今の帝国にほぼ吸収されて絶滅寸前なんだけど

一部の人間が、召喚によっての起死回生をねらっておこなって

召喚されたのが、ルカとカレンらしいのね

ただ、ルカはあっちの世界で「絞め殺された」という記憶があるらしい

という感じで、山の民による召喚、のあれこれが語られる4巻です。

この話は、カレンと、帝国の皇太子とのラブロマンスでもあるんですが

出てくる奴らが、ほんとに鬼畜で怖くて

でも、とってもありそうでね~。

カレンに執着するイケメンのリューベックってのがいるけど

見た目は超絶イケメンだけど、中身は、好きな女の両手足ぶったぎって

自分に依存させたい、とか願う奴だからね

ほんと、獣がたくさんの世界で

そういうとこが、イケメン転生、ほんわか話と隔絶していて

おもしろい!

ってとこで4巻終了

転生令嬢と数奇な人生を4 希望の階【きざはし】posted with ヨメレバかみはら 早川書房 2022年09月02日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです 。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

このブログは、プロモーションが含まれております。