夜桜 吉原裏同心(17) 佐伯泰英 ネタバレ注意 早脚大会に隠された真意を追いながら、性悪女郎を許した砂利屋旦那が、竹松筆おろしの天女女郎と幸せになるまで。 

17巻では、マスコミの力を借りた人探し、が面白かった

1章、一両対二分

2章、醤油を飲む女郎

3章、砂利場の親方

4章。寅次親方の夢

5章、五人目の走り手

走り自慢の男がいて

それを、吉原の人寄せの企画にしようって、話が出ます

一応、その人となりを調査すると

最初に名乗った名前は偽名とわかります

なぜ走る?

なぜ、瓦版に出たいと望む?

って謎が、17巻の縦糸

一月前、仙右衛門たちの新婚旅行は落着、江戸に戻ってきてます

で、吉原では、体調を崩す女郎は外に出して療養されることがあり

その「体調不良」が、醤油を飲んで、ってことだったので

要注意してたら

二人の見世の若い衆を突き殺して、逃亡しました

女郎のふるさとが亀田藩で、殺しの手口から武士がかかわってる

ってことから、仙右衛門と幹次郎が亀田藩に行きますと

亀田藩では、女郎の幼馴染の宗形が、100両盗み、同僚を殺して逐電中

これで、女郎の足抜けも宗形の計画ってことで

足取りを追います

女郎は人気はなかったんですが

砂利屋の七助親方が、亡くした恋女房の面影がある、って

かわいがっていた、ってことがわかり

親方が用意していた館に、女郎と宗形は隠れ潜んでおりました

会所は足抜けを許さない

追い詰めて、二人を処分いたします

でも、砂利屋の親方は、だまされたけど、いい夢だった、って

器の大きい男でね~

男手で育ててもらった子供たちも、父親の道楽を認めていて

ただ、そんな性悪女にひっかかったのだけが、残念だ、って

親方は、根性悪の女郎にも、手を合わせて成仏を願ってくれ

それをみた幹次郎が、性根のよい、竹松の筆おろしをしてくれた

荻野を紹介いたします

はじめは茶飲み友達から、七助親方は荻野のとこに通うようになり

で、落籍の金を積みました

妾とかにするのでなく、自由にするための金、でしたが

荻野は、外にでても右も左もわからない、って七助の側にいることを望み

落着いたしました

親方の子供たちも、父の幸せを願っているのね~

いい話だわ~

そして、駆け賭け比べが5日続き

その最終日

現れたのは、娘で、生き別れの妹でした!

妹を探すための、駆け比べだったのね~

めでたし、めでたし

夜桜posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2012年10月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。