風と行く者(守り人外伝) 上橋菜穂子 最新刊の感想レビュー備忘録。再読だったけど泣けた。

上橋菜穂子さん

すばらしい作家さんです。

守り人シリーズは、はじめ児童書でみつけて

その後文庫化されてすべて揃えて完読しました。

2022年で、最初の1巻から25年目だそうです。

そんなに経つのか・・。

風と行く者 ー守り人外伝ー (新潮文庫) [ 上橋 菜穂子 ]

NHKのドラマ化が秀逸で

私の中で、ジグロはずっと吉川晃司さんです。

かっこいいけど、悲哀がある・・。

本作では、現在パートと

過去パートが入れ子のように構成されてます。

ジグロは、最初に登場した時からバルサの思い出の人

亡くなった人でしたが

バルサの中に生きていて、今回の「風と行く者」の中では

まだ少女のバルサを連れて旅する姿が、みっちりと描かれます。

王様の毒殺を、娘のバルサを人質に取られて命じられた親友の医師のために

自分の地位も名誉も捨てて、バルサを連れて出国したジグロ。

王は、真実をしるジグロに、ジグロの親友たちを追手として送り込みます。

本作でも、そんな親友との戦いが描かれてます。

バルサが、ジグロを庇って、自分が相手しようとしますが

到底かなう相手ではなく、ジグロがすんでのところで入れ替わり

親友を殺して、その息が止まるまで抱きしめてる。

つらいな。

という、バルサとジグロの関係に

ある血族の、暗殺の証拠が絡んだ秘密のせいで狙われる風の民がいて

その当主とジグロの、大人の恋物語があって

最終的には、ジグロ亡き今、バルサの見たことと

現代の政変の流れで、新しい未来が開かれるかもしれない、って展開となります。

ほんとにこのお話は素晴らしいので

是非、本編を購入して読んでください。

バルサは、恋人のタンザと連れ合い(結婚という形ではないみたい)

静かに暮らしてます。

ジグロが亡くなってからも、バルサやタンザの人生の瞬間瞬間に

ジグロの思い出があって、生きているように立ち上る記憶

文庫となって再読となりましたが

最初の本が出た時には、私の実母が健在でした。

文庫のあとがきに、作者様の父上の死とか、母上との別離とかあって

作者と私の年代がほぼ一緒ということもあり

前に読んだ時より、今回の方が泣けました・・。

名作ってこういうものなんでしょうね。

いくつになって読み直しても、その時々の読者の気持ちに寄り添ってくれる。

すばらしいですね。

あとがきの

離れて暮らしていても、電話をかければ元気な父母の声を聴くことができた

あの暮らしが永久に消え去ってしまったことを想うと、という言葉に

ほんと、泣きました・・。

風と行く者posted with ヨメレバ上橋 菜穂子 新潮社 2022年07月28日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。