後宮の烏(4) 白川紺子 最新刊のネタバレ注意 神々の軋轢の歴史が少し分かります

人気のシリーズです

私もこれ、大好きです

謎解き、の話と、神々の争いの話が平行してます

そして何より、烏妃と帝の恋愛?話にとっても興味があるの(^^)

蚕神

金の盃

墨は告げる

金色

高峻という、若い帝がいます

彼は、先帝の皇后にいびりぬかれた人で

愛する生母や友をなぶり殺しにされてまして

でも、なんとか反撃して皇后をぶち殺しました

で、仇はとったけど、うつろは抱えているのね

(亡くなった人は帰らないからね)

で、寿雪、という烏妃がいます

不思議な術を使う美少女です

その体の中にうれんにゃんにゃん、という女神が封じ込められてます

この女神を封じ込めたのは、いまの帝の血統を守りたい、って巫女の一途な思いで

でも結果、世界はいびつになってます。

さらに、寿雪は、先の王家の末裔で、その証拠として髪が銀色なの

禍根を断つために、一時期、銀色の髪をしている人は皆殺しでしたが

寿雪は、生き延びて、先代の烏妃の元で養育され

先代が長寿で死んだのちに、烏妃を継承してます

って設定を飲み込んで

4巻です

後宮ですから、高峻にはたくさんの妃がいて

その中の一人のばんか、という鶴妃は、呪いを受けて死にかけたとこを

烏妃に助けられて、烏妃になついてますが

後宮の戦略として、実家にいろいろ書き送ってます

で結果、実家から、烏妃と距離を置け、とか言われちゃう

不満ですが、おんぶ日傘で育った娘だから、父親には逆らえないのね

さて、後宮では、経済政策の一環として、養蚕をしてます

いい蚕を育てて、それを市井に出せば豊かになる

そんな養蚕の場に、幽霊がでます

幽霊は、烏妃の得意とするとこなので、何が言いたいのか聞いてあげます

でも、それより簡単に、烏妃は、養蚕場から盗み出された蚕の行方を

謎解きしてみせるのね

本シリーズは、幽霊話は多々ありますが、謎解きを烏妃がするとこが

見どころの一つです

さて、烏妃は、本当は人を宮においてはいけない、と先代に言われてたんですが

本人の性格もいいし、どんどん人が集まってくるのね

烏妃を慕って

で、その結果、烏妃も、皆を守りたいと思うようになる

そんな中で、烏妃を警護する宦官の淡海に殺人容疑がかかります

淡海は元はいいとこの息子で、その執事だった男が金の盃を持って逃げてたの

で、その執事も後宮で宦官になっていて、そいつが殺されたので、

怨恨の線で容疑がかかったのね

で、反魂で被害者を戻した烏妃ですが、そこに真実はみつからず

でも、淡海が、なぜ人殺しといわれたか、の理由はわかりました

で、烏妃は、悲しい犯人たちを見つけて、弔ってやろう、っていうから

宦官たちは、涙をながしてひれ伏します

そして淡海もまた、命をなげうって烏妃を守る、って

人がよくて、カリスマ性があって、だからこそ後宮であやうい烏妃

当人より、周りがそれに気づいてます

鶴妃の父の朝陽は、後宮の外から見ても、それに感づいていて

策をつかってゆさぶります。

さて、後宮の書庫に幽霊が出る、ってことでしたので

成仏させてやろう、って烏妃が出向きます

すると、冤罪で殺された男がうかび、彼の書いたものは

神々の争いを口伝したものでした

これを書したから、彼は殺されたし、書も焼かれた

で、内容は

ごう、という神と、うれんにゃんにゃんに関する事でした

その頃、前に烏妃を殺しに来た梟が

神の国に戻って封じられてますが、でっかい貝をつうじて、高峻と対話できるのね

その梟が、白かめ、のことを知ってました。

そして、白カメは若い娘の贄を求めるぞ、って

海で二つの神が戦い

勢力は互角、にゃんにゃんは暴風、白カメは荒波

で、にゃんにゃんは、海に引きづりこまれる前に、身を二つに分けて

半身で逃げた。結果、助かったけど力は落ちた。

で、ごうの神である白カメは沈み、

ほぼ死んで、でも神だから、いま黄泉がえりつつある。

そして、現在烏妃の中に封じられている女神は、弱っているから封じてるのであり

女神が半身を取り戻したら、烏妃の体を食い破って逃げるであろう・・

女神の力で王家は安定してますが

同時に、女神の力が強くなりすぎたら毒なので

王宮には盾として巫術師がいました

で、烏妃が逃げないように、初代の巫女は、自分の指で結界をつくって

逃げたら烏妃が死ぬ、とまじないをしてました

そして、巫術師が、夏の王(王家)の盾なら

宦官は、冬の王(烏妃)の配下だからこそ、烏妃は、孤独でなければならない、って

さて、烏妃に傾倒するものが増え

朝陽は、配下を使って、後宮に烏妃の崇拝者を作り、扇動します

結果、傷を負う者が出て

高峻の出馬で収まりますが、烏妃の危うさが露呈して

烏妃は、しばらく宮から出られなくなりますね

で、高峻は、間違いをただすために

まずは、結界を解除するために、3人を集めよう、って

烏妃、封、そしてあと一人・・

ってとこで次巻へ

楽しみだな~(^0^)

後宮の烏 4posted with ヨメレバ白川 紺子/香魚子 集英社 2020年04月17日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。