ウォルテニア戦記(4) 保利亮太 ネタバレ注意 エレナの復讐編

プロローグとエピローグが

小説家になろう、というネットでは書かれていない、書き下ろし、のようで

亮真の地球世界での身内である、飛鳥と、爺様・浩一郎の動向が

ここに描かれてますね

4巻では、突然失踪した亮真のことを調べに

刑事さんが来ます。で、この人たちが、5巻では・・

プロローグ

1章、逃れきれない罪

2章、思いがけない使者

3章、激突

4章、エレナの復讐

5章、新たなる戦場

エピローグ

亮真の爺様の浩一郎は

アースという世界から帰還できたようですが

その時の仲間は、みんな、戻り切れなかったようだし

浩一郎が戻ったせいで、亮真の両親も、アースに飲み込まれたようです

ここらは、伏線だらけなので、これからのお話ですね

ルピス王女は優しいけど、身内びいきの、王にはなれない性格で

そこを、須藤とかにつっつかれて

案の定、大事な局面で、ブレます。

ずっと傍にいてくれたミハイルが、囚われの身で生きていると知って

須藤の申し出である、ゲルハルトの助命を受け入れるのね

で、もともと平民である亮真には、王女の気持ちを忖度するしかなくて

こっちの旗頭にしたエレナも、その馬鹿さ加減には気づいてますが

今エレナが反対すると、王女との関係が悪くなる、ってことで

亮真も、ミハイルを選ぶ王女側にたちます

須藤も、大金という賠償金も差し出してきて、落着

ただ亮真は、ゲルハルトが生きていることで、王女の未来は

いずれ果てる、ってわかりますね

ゲルハルトは生き延び

アーレンベルグ将軍は孤立

で、将軍を夫と娘の敵と狙うエレナは

正規軍には加わらず、亮真と一緒に

将軍が密かに逃げ出したのを追撃、確保

裁判にはせずに、闇の中で葬ります

そして、将軍の死で、内乱は終結いたしますね

内乱が終結したあと

亮真は王女の願うままに王宮にいますが

王女は亮真の才能を妬み、怯え、彼への恩賞を

ウォルテニア、っていう、荒れた半島を押し付けることで

放逐状態にすることを選びます

亮真は、最初に召喚したオルトメア帝国を許していないし

ルピス王女の、恩をあだで返すやり方も許せない

が、国に対抗できるのは国だけ

亮真は、男爵の地位でありながら、ウォルテニアの自治権などを望み

ほぼ、公爵領並みの力をゲットするのね

で、4巻終了

5巻からは、ウォルテニアの建国が始まるようです

ここまでは、文句なしに面白いです

おすすめ!

ウォルテニア戦記(4) (HJ NOVELS) [ 保利亮太 ]

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。