謀略(警視庁追跡捜査係)(3) 堂場瞬一 推し本の感想レビュー備忘録。連続殺人事件?

推し本。

夫が好きだった堂場瞬一さんのシリーズの中で

警視庁追跡捜査係、というシリーずをおっかけてます

本作で3冊目。

面白い!

ネタバレ注意

謀略 警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫) [ 堂場瞬一 ]

堂場瞬一 | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

1~12章

都内の運河沿いで帰宅途中のOLが強盗に襲われて殺害される

で、のちに、同じ犯人と思われる殺人が。

連続殺人、として地元警察で帳場がたつけど、動かない

投入されるかたちで、追跡捜査係が送られるけど

デキが悪いから送られてきた、という認識なもんだから

地元のデカと敵対です。

これは、ほんとによくあることらしい。

頭脳派の西川

筋肉派の沖田

二人がメインとなり、新人の三井さやかと

さやかが嫌っている庄田の4人で、阿倍管理官の支配する捜査方針と

別の角度で見ていきます

二人の共通点がない、ってはずが

実はカンボジアに学校を建てる、というボランティア活動で接点があり

現場を歩いていたら、税金がらみでホームレスしてる男から

犯人が長身だった、って目撃情報がでたり

そして、西川刑事の暴走

人生でスイッチが入る瞬間とは、って命題にいどんじゃった西川さん

本作では、沖田と西川の立ち位置が逆転するとこが面白い

共通項を洗ううちに、二番目の被害者が指輪を持っていた、とか

いろいろわかってきて

で、突然に大阪で強盗した男が、一人目の殺人を自白

では二人目の被害者を殺した男は?

連続殺人と思わせるほどの模倣は、内部にしかできない、という

二人目の犯人が身内だったのは、びっくりですが

それなりに辻褄があっていたし、刑事たちのキャラ立ちも面白かったです

次巻も読みます(^^)

謀略posted with ヨメレバ堂場瞬一 角川春樹事務所 2012年01月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです 。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

このブログは、プロモーションが含まれております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。