ホテル・コンシェルジュ 門井慶喜 推理モノの短編連作なので、ネタバレはぼんやり

作家買いです。

この作家さんでも、推理モノを書くのだな~、と手にとりました。

キャラとか動きは二時間もののドラマのようでした

推理、という点では、再読はしないかな(^^;)

1、みだらな仏像

2,共産主義的自由競争

3,女たちのビフォーアフター

4,宿泊客ではないけれど

5,マダムス・ファミリー

坂名麻奈は、コンシェルジュ希望のホテルウーマン

コンシェルジュとしてやり手の九鬼さんを尊敬してます。

京都のホテルなんですが、老舗だけど稼働率が今一つ

なので、高額部屋に連続して宿泊している桜小路さんの要望には

答えないといけない。

って感じで、彼や、彼に宿泊費をだしてる金持ちの伯母様とかがもちこむ

難題を解いていく、っていう、謎解き含めてのお話です。

1は、身分違いの男に嫁いだ親族が、もちこんだ「いやらしい金の像」をめぐって

九鬼さんが、それを「オスカー像のレプリカ」と見破り、亡き夫の想いを今によみがえらせる?話。

2は、共産主義者として頑張っているバーのマスター。

テロを計画してるか、って誤解した顛末を九鬼が解く話。

3は、失踪した訪問販売員を探す話。住所、地名が同じ場所がいくつかある、って発見してから、伯母様ががんばって、突き止めるけど、そう誘導したのは九鬼さんでした。

4は、麻奈のおじいちゃんの話。占い師だった過去とか、いろいろ。おじいちゃんの孫娘の想いを知れて良かったね。おばさんは脇で走りまわってたけどね

5は、桜小路家の家宝?のジオラマ寄贈の話から、戦争中の色々へ。敵性人形っていわれていた青い目のお人形の目玉、がこう使われていたとは

って感じの連作です。

詳しい顛末は、是非本編をお読みください。

桜小路と麻奈の恋バナ、にもならなかったし

桜小路はうろうろしてるだけだし

桜小路の伯母と母親の喧嘩も、熾烈というほどでもなくて

ちょっと、中途半端だったかな~

ホテル・コンシェルジュposted with ヨメレバ門井 慶喜 文藝春秋 2015年10月09日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。