黒石 新宿鮫(12) 大沢在昌 最新刊の感想レビュー備忘録。殺人司令を受ける犯人。

推しのシリーズです。

新宿鮫

黒石 新宿鮫12 [ 大沢在昌 ]

大沢在昌 | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

前は、新刊がでるとすごいキャンペーンがありましたが

今はひっそりですね。

本が売れない時代なんだな~。

桃井課長が亡くなって、恋人の晶もいなくなって

終るかな~と思ってたら

あたらしい女性課長・阿阪が登場し

結果的には公安の回し者でしたが、矢崎っていう後輩が登場し

鑑識のヤブは、やり手だから本庁から誘いがあるのに

新宿を出されたら警官辞める、って宣言していて

鮫島の周りは、孤独ではないですね(^^)

新宿を舞台にしてるのと

今までのシリーズで色々あったことから

鮫島は、現在ヤクザより、中華系組織と戦うことが多い。

名前が難しい・・。

今回は、矢崎がとらえた高山ってのが

情報を出し惜しみながらも、殺されそうだから守ってくれ、って

矢崎は公安で

公安は、情報を集めるのがメインだから

ヤクザがらみとか、薬がらみには興味がなく

興味がないから、司法取引とかできない。

さらに、テレビドラマとか、米国とかと違い

日本の司法取引は、完全なチャラにはならないのね。

で、矢崎は、鮫島につなぎを取ってみる。

それでも、高山の周りで殺人がおこり

調べてみると、未解決の不審死がいくつか見つかります。

中華の組織の名前は金石。

中華の組織の名前は金石。

高山も、このネット組織にアクセスしてますが

よこの緩いつながりで、ゆるいからこそ、アメーバのようで

潰せない。

さらに、犯罪組織だけではなく、カタギの情報網でもある。

金石の中に八石と呼ばれる主要メンバーがいて

ハンドルネームだけど、カタギはそれなりに情報を漏らすのね。

だから、ネットの海を探して、金石の中の八石のひとりらしい、って人を

おっかけて探します。

が、これは殺されてます。ほとんど事故死扱い。

ただ、彼は生前、金石をトップダウンに替えるのに反対してた。

そしてわかるのは

金石を、トップダウンの組織にかえたい、って意見に反対する者が殺されてる、って。

物語のメインは

この八石の正体を探していくこと

そして、八石に迫る連続殺人犯を押さえること

結果として、ヤバそうなのにぶちあたり

読んでる時には

矢崎が死んだらやだな~、と読み進みましたが

ネタバレすると、矢崎は死にません(^^)

鮫島ももちろん無事

でも、逮捕した犯人は、釈放されたら鮫島を狙う、って

あ、省略しすぎましたが

この八石を探すのがスリリングで

一気読みいたしました。

こいつが、犯人で

彼に指令を出すのが、たぶんこいつで、って

まぁ、読んでるとわかってきますが

さすが大沢在昌

おもしろかった!

お勧めです(^^)

黒石 新宿鮫12posted with ヨメレバ大沢在昌 光文社 2022年11月24日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。