恋愛少女漫画家 一条ゆかり 少女漫画の女王の自叙伝の、感想レビュー備忘録。

おもしろかった。

一条ゆかり先生は、個性の強い人だとは思ってましたが

本作でも、まさか自叙伝を書くことになるとは思わなかった、っていいながらも

さくさく書いてくれてます。

一気読みしたな~。

恋愛少女漫画家 (集英社文庫) [ 一条ゆかり ]

生い立ち

青春

恋愛

仕事

対談

お金持ちのボンが、お金使い果たして崩壊した家庭に生まれてたのね。

でも、もとからの美意識とかは、ちゃんとあったんだろうな~。

末っ子で、母親への確執は

母親が亡くなる前にやっと解消できた、ってありましたが

私もそうだったし

そういう女性って多いんだと思いますよ。

同性へのまなざし、ってキツイのが普通だしね

感性が大事で

ひたすら書けば絵はうまくなる、とのことですが

ちゃんとデッサン学んだり、脚本学んだり、立派ですよね。

デザイナー、って漫画は、とても強烈だったの私も覚えてます。

そして有閑倶楽部へ

有閑倶楽部は、一応未完だそうですが

また、どっかで読めるといいな~

離婚後は、年下の恋人とかゲットして

恋愛の艶は継続していたのね~

かっこいいです。

って感じで読了。

面白かったですよ~(^^)

恋愛少女漫画家posted with ヨメレバ一条ゆかり 集英社 2009年02月

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。