猫と竜(竜と悪魔と母猫) アマラ 既刊から抜粋・改稿編。7篇+描きおろし+漫画

大好きなシリーズなんですが

抜粋本とか、改稿とか

まじりあっちゃって

本作も、購入して読んだら、前に読んだ話が入っていて・・。

うう、皆さまもお気をつけて・・。

猫と竜 竜と悪魔と母猫 [ アマラ ] ←あらすじ

猫と竜

母猫が4匹の子猫を育ててたら

巣離れ間際で、いきなり召喚されて消えちゃって

子供たちは仲良く大きくなりました。

でも、その中に一匹は炎を吐く竜で

魔法で化けられるようになると

羽のある猫となり

羽のあるおじさん、と呼ばれて

兄弟たちの子孫たちの守り手となりました。

という、この話の最初のエピですね。

猫たちは、ケットシーという魔物の一種で

その毛皮を乱獲する人間を懲らしめに城に竜が進軍したら

兄弟の子孫が、小さな子供を庇って立つので

許してあげました。

その子が王子さまで、ケットシーから魔法を習って偉大な王になりました。

母猫と少女

母猫が召喚されたのは魔法学校の生徒の中の一人の少女で

魔法がへたくそなので、子育てとおんなじだわ

と、少女を教育して一流も魔法使いに育てました。

で、母猫が学校にいると、魔界とつながっちゃって

出てきたのがグレーターデーモン。

でもこの子、昔母猫が育てた子で

猫に化けると角が残るので

角のおじちゃん、と、母猫の子供たちに呼ばれてました。

そのまま、ダンジョンの主として管理することに。

母猫と新米教師

母猫のスパルタで一級品になった魔法使いの少女は

宮廷魔術師になり、魔法学校の教師となります。

アンネロッサが教師している間

生徒が呼び出した使い魔を、母猫が教育します。

すばらしい。

母猫の帰還

学院に猫じゃらしがあって、それは、猫たちが栽培してる、ってきいた母猫は

そこへ遠征します。

息子のグレーターデーモンの作ったゲートでね。

で、猫じゃらしの森は、昔、母猫が召喚された森で

戻ってきたら、そこに昔育てた竜がいました。

戻ってきたの?!って驚く竜の子に、年寄扱いしないの、って

にっこり叱る母猫でした(^^)

悪魔と竜と母の日

またタビをお土産に、角のおじちゃんが、羽のおじちゃんのとこへ

遊びに来ました。

人間界の母の日の祝いを、母猫にもしてあげないか?って。

きいちごがプレゼントでした。

素敵ね

空と海の大きな兄姉

やっぱり母猫に育てられたソラクジラは

白いネコに変身できます。

ヒレの兄さん、甲羅の姉さん。

それに、角のおじさんに、羽のはじさんね

4人の、魔物の兄弟が、仲良しなのがいいですね

母猫とアンネロッサのお見合い大作戦

羽の猫と角の猫の二人の息子に

花嫁をあてがいたい、って母猫が決めて

アンネロッサをお供に、旅に出ます。

いろいろありましたが、二人?は結婚する気がないし

で、見つけた相手は

一人はオスだし、一人は卵をあっためるという子育て真っ最中でした。

人間界のおばさんたちに

1度でまとまるわけないのよ~って言われて

またトライする気満々の母猫でした(^^)

描きおろし・母猫と子猫たち

羽の竜がまだ小さくて、育てられてる頃のはなしね。

描きおろし漫画・ママにゃんのいつものいちにち

けっこう忙しいです。

って感じで読了。

中にいくつか、読んだことのある話がありましたが

母猫を主体にした編成の1冊でした。

お話じたいに文句はないんです。

でも。エピのまとめがとっちらかっちゃってる

重複買いしちゃうのでね。

このブログとか見て、読みたい本をちゃんと選んで購入するのを

オススメしたいと思います(^^)

猫と竜 竜と悪魔と母猫posted with ヨメレバアマラ/大熊 まい 宝島社 2021年08月06日頃

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。