田中家、転生する(2) 猪口  人気で重版中のネット小説の、感想レビュー備忘録。

人気のネット小説が

紙媒体になって、重版されてます。

面白いから、おすすめ!

田中家、転生する。2 (ドラゴンノベルス) [ 猪口 ]

28,王都、到着

29,初めての社交界とテンプレ展開

30,国王陛下

31,最初の授業

32,狩人の実技

33,ロバートの逆襲

34,おうちへ帰ろう

かきおろし,パパズ

35,開店危機とちびっこ名探偵再び

36,高位貴族の義務とスラム街

37,罪と罰とおばあさま

かきおろし、君を花にたとえるなら

かきおろし、メルサと猫たち

さて、、ゲオルグの進学と同時に

エマとウィリアムも王都の貴族学校へ進学です。

早めに王都に到着して

開校の前に、社交して知人を増やすのがルーティンですが

エマが、虫だなんだと寄り道するので

到着はギリ、でした。

で、王都では、第一王子派閥(王妃の息子)

第二王子・エドワードの派閥(側室ローズの子)があって

ローズが浪費家で嫌われてるって、世評の頃は

第二王子派閥は日陰者でしたが、ローズの魅力健在ってわかって、最近は第二派閥がのしてきました

エマには関係ない、はずでしたが

スチュワート伯爵家は、ローズのご贔屓なので、第二派閥と目されていて

さて、最初のパーティーでは、エマのエマシルクのドレスに、第一派閥のフランチェスカが、ワインをぶっかける、というテンプレをいたします。

ですが、エマシルクは、汚れない絹なので、はたけばワインは滑り落ち

ちょうど現れたエドワードは、氷の王子、みたいに言われていたのに、エマをみたら、とっても柔らかく笑うから、惚れてるのはエドワードの方だ、ってダダもれで

フランチェスカの地位は失墜いたしまして

ちょうど、音痴でダンスのできない三兄弟は、エマの体調は完全に治っているけど、体が弱い、って設定でおしとおして、ダンス免除を王から勝ち取ります。エマを守るってことで、兄ゲオルグと弟ウィリアムも免除ね(^^)

前世で、イケオジを推していたエマは

王様がとってもかっこいい、と推し認定

息子のエドワードが、エマに惚れてるって知っている王様は

息子と女性を争うのはな~、って笑ってますね、いい感じ

さて、始業式が終わって授業がはじまる学校生活。

フランチェスカは、エマにワインをかけた件で、エドワードからにらまれたから、自分の第一王子派閥からもはじかれて、一人きり

そこへ現れたエマは、フランチェスカしか知っている人がいない、って側でニコニコ

フランチェスカの周りに人がいないから、席が空いていて

シモンズ領の双子姉妹がやってきて、男装の麗人として人気のマリオンもやってきて

スクールカースト転落したはずのフランチェスカの周りは

エマを筆頭に、トップに躍り出るのね

おもしろい!

そんなエマグループの、とりわけエマを目の仇にするのがロバート。

男子生徒がメインの魔物学の教室で一緒になった

血統だけはトップクラスの、ゲス男子です。

で、エマは気にしないし、ロバートの空回りがおもしろい

ここらは是非、本編を読んでね

王都にはスラムがあって、スラムに食事を持っていくのは高位貴族の義務です

で、スラムに遊び?に行ったエマと、エマを一人にできないゲオルグとウィリアムが一緒すると

スラム街で、ゲオルグの財布が掏られ、取られたのはお金ではなくて

ゲオルグが授業のために作った魔物カルタ

一つしかないそれを、ヴァイオレットの糸をたどって探しにいきますと

おなか過ぎすぎて倒れている、インテリイケオジがいて

他にも子供たちが飢えていたので、エマとウィリアムたちで、たきだしをいたします。

結果、スラム街に貴族の子が三人夜明かし、ってことになり

翌日、伯爵が迎えに来て怒られますが

助けたイケオジは画家で、ボロ家の地下に自生する植物から

特殊染料がとれて、それを使っての絵画がすばらしい、ってわかります。

さらに、その染料をつかうと、エマシルクを染色することができる!

結果オーライではありましたが、女の子がスラム街に行く、ってことは容認できない、とメルサ母上から雷が落ちたエマは

メルサの母で、王都で名高い躾をするおばあさまのとこへ

行儀見習いに行くことに!

王都では、目立たない、がスチュワート伯爵家の決意表明だったけど

王様に呼ばれた公式晩さん会で

公爵家や、王子とかと同席にされちゃった伯爵家のエマちゃん

伯爵家は、まぁ、高位ではありますが、公爵とか王族よりは落ちるからね

来賓だった皇国の王子の言葉が、まんま日本語だったもんだから

つい、日本語で話しかけたら、大騒ぎになっちゃいました!

ってとこで3巻へ

これ、ほんとにおもしろい!

次巻も続けて書きます(^^)

田中家、転生する。2posted with ヨメレバ猪口/kaworu KADOKAWA 2021年01月06日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。