佐々木とピーちゃん(5) ぶんころり 推し本。私の感想レビュー備忘録。王家跡目争い決着。

推し本。

ネット小説の書籍化ですが、これ、ほんとに面白い。

かわいい女の子が沢山出てきますが

主人公の佐々木がアラフォーのせいか、ハレム感覚がない

でも、40歳ちょい前の男って、けっこうかっこよいと思うのよ

ミューラー子爵とか、かっこいいじゃんね~

佐々木とピーちゃん 5 裏切り、謀略、クーデター! 異世界では王家の跡目争いが大決着 ~現代は待望の日常回、ただし、ハードモードの模様~ [ ぶんころり ]

佐々木とピーちゃん | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

推しのネット小説レビュー | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

佐々木とピーちゃん(5)目次

前巻までのあらすじ

休暇と日常

マーゲン帝国

正義のヒロイン

侵略

王位継承

佐々木とピーちゃん(5)ネタバレ注意

4巻が、異世界からおっこちてきた海洋大怪獣との戦い編だとすると

5巻は、異世界の王家の跡目相続の決着篇、ですね

天使対悪魔戦争で

悪魔の使徒となった黒須さんが、爆弾で狙われます

黒須についている悪魔のアバドンは、かなりの高位悪魔ですが

脆弱である使徒が死んじゃうと、戦線リタイアになるから

使徒殺し、がけっこうポピュラーらしい。

で、天使と悪魔のことはともかく

実世界では、中学生の黒須さんの母が亡くなった、ってことで通夜と葬儀があり

喪主には、黒須の母の母、黒須さんのおばあさんが登場しますが

まぁ、葬式とかを佐々木の依頼で仕切ったのが二人静で

この人が金持ちなので、黒須さんが金持ちと養子縁組した、ってにおわせたから

黒須のばあさんが、金目当てで黒須さんにくっつこうとします

けっこう悪辣の親族たちの通夜席となり

常識側の佐々木も二人静も、サクッと黒須を救い出し

今は、二人静かが持つ軽井沢の別荘地へと移動です。

二人静の目の届くとこ、ってことで

彼女の別荘の隣が黒須に与えられ(金の出処は佐々木だな)

まぁ、こっちが落ち着いたとこで、異世界に移動です

帝国に侵攻する第一王子を、なんとか止めよう、とする

佐々木が属するアドニス第二王子ですが

いろいろ探っているうちに

第一王子には、呪いの刻印があり

その刻印を騙しながらも、一生懸命王国を守ろうとしていたと発覚

最後の最後で、第一王子と和解できたアドニス王子です

兄王子に刻印があり、母国を帝国派閥の貴族が操ってる

って知ったアドニス王子は

父王が、敵方エルフの術にも負けずに、支配より自決を選んだと知り

これにて、王位継承を宣言

王城へと軍を進めます。

かくして、アドニス王子が王権を奪取

帝国派閥の貴族を粛正

佐々木が大事に思うミュラー子爵は(当時はすでに伯爵だったけど)

宰相として、アドニス王子に従い

ほか、第一王子がいろいろ言い残してくれた「王家に忠実な貴族」が選ばれて

いろいろ、トップのすげ替えですね

王国がいろいろ決着していく中で

こっちの世界では、

局と敵対する能力者なのか、悪魔対天使戦争での能力なのか

一般人が洗脳状態で暴れまわる、って事象が発生

洗脳のままに逮捕されると、罪がないのい刑務所入り、ってことになるので

二人静が、ヘルメットかぶって「正義のヒロイン」を自称して登場

佐々木も、文鳥様の力で、顔を変えて出張り

二人で一芝居を売って、その場を納めたりします

アメリカ軍は、海洋大怪獣を日本の局の能力者が撃沈した、ってことで

友軍ではあるけど、日本からアメリカへの勧誘があり

さらに、いろいろスパイ大作戦的になってきて

佐々木の、こっちの世界での生活も

きな臭くなってきてます

ってとこで、5巻終了

異世界の王国での王位継承が収まって、よかった

第一王子は、呪われたまま、肉塊のままですが

この人の呪いが溶けるといいな~

って感じで、次巻もよみます(^^)

佐々木とピーちゃん 5 裏切り、謀略、クーデター! 異世界では王家の跡目争いが大決着 〜現代は待望の日常回、ただし、ハードモードの模様〜

posted with ヨメレバ

ぶんころり/カントク KADOKAWA 2022年05月25日

楽天ブックス

Amazon

Kindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです 。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

このブログは、プロモーションが含まれております。