変な家 雨穴 感想レビュー備忘録。面白かった。

初めて読んだネット作家さんの本。

本作は書き下ろしなの?

変な家 [ 雨穴 ]

映画化決定だそうです。

1,変な家

2,いびつな間取り図

3,記憶の中の間取り

4,縛られた家

知人が買いたい、っていう築浅の家がありました。

でも、その間取り図が異様なので

推理好きな友人と一緒に、その家をさぐりだしたら

そのいびつな間取りの怖さに気づきます

で、見つかった、左手首のない死体。

って感じで、殺人事件がおきて

その家にいたはずの家族をおくうちに

因縁めいた話が見つかり

で、秘密の家がかくしていた秘密と

未遂だった殺人事件が

本当の殺人事件へとなり

解決します。

うふ

けっこうがっつりした推理小説なので

是非、本編を購入して読んでください。

一気読みしちゃいましたよ。

横溝作品なみの、オドロオドロしい作品でしたよ。

クセになりますね。

変な家posted with ヨメレバ雨穴 飛鳥新社 2021年07月26日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。