金春屋ゴメス・異人村阿片奇譚 西條奈加 感想レビュー備忘録。再読したけど面白い。

金春屋ゴメス、というのが日本ファンタジーノベル大賞の受賞作で

それの続編がこれ。

前に読んだ覚えがあるんですが

文庫で新刊(増版ではなく、タイトル変えてでてます)

が出てて、あれ、これ読んだかな?と思い

金春屋ゴメス 芥子の花 (新潮文庫nex(ネックス)) [ 西條 奈加 ]

読み直したら、再読だ、って思い出したけど

細かいとこは覚えてなかったから面白かった。

異世界ものが今は流行りですが

そんなカテゴの、パラレルワールドの話

小説家になろう、あたりで連載されてたら

人気で書籍化、アニメ化までいきそうな面白い話なんですよ。

ちょっと、早く世にでちゃった、って感じでしたね。

作者の西條奈加さんが、善人長屋 (新潮文庫) [ 西條 奈加 ]、という時代小説も書いていて

この本がNHKでドラマ化されたことで、過去作の復活になっているみたい。

善い事です(^^)

日本領土内に、鎖国状態の「江戸国」ってのがあって

そこで長崎奉行をしてるのが、ちまたで「ゴメス」って呼ばれる

怪獣みたいな女性武士。

江戸国では、試験に合格しないと武士になれず

試験に次々合格するほどに、昇進していきます。

で、武士試験に通ると、男女ともに武士となれます。

で、このゴメスは「親分」と呼ばれて配下がおりまして

ここらの、長崎奉行ゴメスと配下のやり取りと

怪獣みたいな見かけと体型と、苛烈な性格ではありますが

脳みそキレキレのゴメスの推理などなどで

江戸国の治安は保たれてます。

江戸から阿片が不法に作られて輸出されてる、って話があり

江戸国を存続させるために

ヘタな国際軋轢はできないので、阿片撲滅のためにうごくゴメスたちです。

まぁ、仕事ではありますが

へそ曲がりのゴメスが、きれいに職につくわけなく

ライバルの筧家とか、いろいろが

謎ときが好きなゴメスをたきつけたり

阿片畑が、外国人の住む村でつくられてるのでは?とか

流人島、という名だけのこる(今の江戸国に、海のはての島は領土にない)

がけ下の狭小地こそが、阿片畑だったり

そこで、隠密同心に助けられたり

まぁ、とっても面白い。

本作ではゴメス配下の辰次郎が

ゴメスの傍仕えに新しく来た朱緒さまを

ほっこりほのかに慕ったりして

朱緒の前の婚約者が、ひで~男だったりと

そっちの恋バナもなかなか魅力的で

一気に読みました。

とってもおススメです(^^)

金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚posted with ヨメレバ西條 奈加 新潮社 2009年04月25日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。