ウクライナ危機 日経ビジネス タイトル買いしたビジネス本の、感想レビュー備忘録。

面白かった。

ウクライナ紛争から、いろんな関連本が出てますが

日経ビジネスで出しているので、タイトル買い。

わかりやすかったです。

ウクライナ危機 経済・ビジネスはこう変わる [ 日経BP ]

1,蘇る冷戦

2,黄昏の帝国

3, 隣国の脅威

4,各国のジレンマ

5,未来なき戦い

6,知られざる戦場

7,資源混迷

8,戦略転換

グローバル化を覆し、国際秩序を塗り替える。

それが、今回の紛争のキモ

自由は贅沢品である。

新型コロナの時にでた発想が、今回の紛争にもそのままあてはまる。

プーチンの思考とは

経済と安全保障は別問題、というところ。

でも、自由貿易圏内では、安全保障と経済は一本の線。

アセアンは、一つ岩になれない。

軍事面で、ロシアと関わりの強弱があるから。

ロシア軍の兵力と国防費。

総兵力は90万人、うち陸上が33万人。

世界最大の領土を5つの軍管理としている。

ロシアは、オホーツク海に核兵器搭載の原子力潜水艦を浮かべていて

ヨーロッパで始まっても、そっちから核弾頭が撃てるようにしてる。

津軽海峡の取り扱い。

公海ならば出入り自由。

ロシアも通るけど、アメリカも通れる。

公海ならば、アメリカの核が通り過ぎても、日本の憲法に牴触しない。

ロシアの外貨準備は、膨大な金貨だった。

が、金貨はドルベースで売買していて、ロシアがドル取引できないから

金も売却できない。

ほ~

英国ではガス会社の半数が破たんするだろう。

ウクライナは、東欧のシリコンバレーであった。

優秀な人材は、紛争前から、どんどん海外に流出してたのね。

これは、けっこう有名な話。

地政学でいうと、日本は極東のウクライナである。

ロシア、中国、北朝鮮に隣接してるから。

どっちも、何やらかすかわからん。

うん、こわい・・。

プーチンが勝利すると、ドミノ的変化が起きるかもしれない。

日本もヤバイです。

過去にいろいろあった中露だが

今の関係は良好である。

ロシアからみて、UAEは大事な国。

バカンスに行く国でもあるのね。

おもしろい

米国は昔から、ドルを政治的に利用してきた。

今回の、ロシアの経済封じ込め、も同じ流れ。

イランとか、キューバにもやってきたからね~。

通貨の力は国力そのものです。

英国は今もしたたかで

北海をつかってのエネルギー確保を着々と進めてる。

中国、ロシアなどなどで

サプライチェーンがぶったぎられてる中で

日本回帰がどこまですすむのか、がこれからの課題ですね。

って感じで読了。

読みやすかった。

ウクライナ危機 経済・ビジネスはこう変わるposted with ヨメレバ日経BP 日経BP 日本経済新聞出版 2022年06月27日頃

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。