田中家、転生する(4) 猪口 最新刊のネタバレ注意 ネット小説で、オススメの一冊。既刊も増版されてまして、本作は皇国救済旅編。

今、ハマっているネット小説の一つ。

書籍版が待ちきれなくて、ネットを先読みしてるんですが

最近、ネットの更新が遅れがちなので

おいつきそうだ・・。

54,ごちそう

55,世代間キャップと伝わらない訴え

書き下ろし、スチュアート家従業員組合と律儀な虫

56,ニャッキーのテーマから

57,その頃のそれぞれ

書き下ろし、プレイボーイ

書き下ろし、学園の秘密

58,出港

59,頼子の船上クッキング

書き下ろし、辺境の地、パレスは悲しみに包まれる

60,フクシマの憂い

61,初弾

62,オワタの種

63,王国は社交シーズン

64,スチュアート家のなすがまま

65,誤算

66,キャッチングならニャコム

67,缶詰

68,アーマーボア

69,その頃王国では

70,成果

71,たぶん間に合わない

書き下ろしが沢山で、うれしい(^^)

まぁ、本筋に変化はないですが

家族全員、もういちど家族で転生する、ってのが新しく

可愛がっていた猫が、もう化け猫の類だったので

転生先では、巨大でチートな存在として

こちらも、家族全員分のペットが転生してます。

転生の大盤振る舞いです(^^)

で、前世で日本人だった田中家=スチュワート伯爵家は

和食が食べたくて、こっちでの和食の国

皇国へ、食料探検に

でも、公国には魔物植物の「オワタ」が異常繁殖中で

皇国は、作物がつくれずに食料危機の中

砲弾のように飛んでくるオワタの種で、人がバンバン死んでいるという

ほぼほぼ、戦争末期状態なのね。

でも、田中家が出張ると

巨大猫は、オワタの種をキャッチするは、掘りだすわ、して

繁殖を防ぎ

エマの可愛がっていた巨大虫は

オワタをバリバリに刻んじゃう。

オワタが減って、魔物が出てきたから

これからの食料危機には、魔物の肉が必須ってことで

これも、スチュワート伯爵家の皆さまが

どんどん解体、醤油で角煮をつくる、ってことで

ええ、とってもおいしそう(^^)

最終的には、温泉までつくって

皇国生活を堪能した田中家(スチュワート伯爵家)で

皇国にこのままいれば、と勧められますが

末子のウィリアムが、皇国の小姓(BLあり)として勧誘されたので

泣くウィリアムのために、母国へと帰還することに

で、母国では、聖女・エマ、ってのが取りだたされてましたが

教会が、エマ以外の女性を聖女認定したってことで

けっこうな騒ぎになってました。

って感じで読了。

ネット小説で先読みすると

この「聖女」は、帝国のさしがねらしく

4巻が皇国なら

5巻は帝国との色々かな

そこで、きれいに終わるのもありかな、と思います

今のとこ、間延びしないで、とっても面白いので

次巻も読みたいと思います(^^)

田中家、転生する。4posted with ヨメレバ猪口/kaworu KADOKAWA 2022年05月02日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。