見番 吉原裏同心(3) 佐伯泰英 ネタバレ注意 田沼意次失脚後の大黒屋暗躍。車善七の援助。金次登場編 

人気の時代小説の3冊目

1章、お針殺し

2章、冬瓜の花

3章、百面の銀蔵

4章、義太夫の子吉

5章、汀女の覚悟

家治が亡くなり、遊里は喪に服してます

で、汀女の手習い場に、みんなが集まってますね(^^)

さて、吉原は、田沼さまに近かったので、田沼失脚で、ちょっと旗色が悪い

さて、そんな吉原で人殺しです

お縫い、であるお針のお辰が殺されました

吉原では着物の注文が多いので、腕のいいお針には小金が貯まる

で、その金を貸していたので、恨みではないか、って

お辰は針箱に、判じ物のようなヒントを残して、金を隠してました

さらに、切り見世のお兼が殺されます

お辰殺しの発見者だったお兼は、犯人を見て強請っていたらしい。

犯人は、お辰に使い走りをさせられていた身内でした

恨みでね

お辰のお金は、一部はもみ消しのために同心たちへ

残りは、吉原の堤の補修とかにあてられるそうな

吉原見番を始めた大黒屋が、裏で動いてました

で、喪が終わって、吉原が再び解禁となります

で、幹次郎には、敵からの刺客が

25両で刺客を請け負い、幹次郎にたおされました

さて、汀女は、吉原で先生をしてますが

吉原で働く両親のとこの子には、長屋で無料で師匠をしてます

良い人だな~

幹次郎には刺客。吉原には金の払えない客を送って散財させて赤字に

大黒屋は色々やってきます

反田沼派をバックにして、大黒屋は、吉原会所に成り代わりたいようです

で、赤字散財の手下に、亀蔵というのが使われると知った幹次郎が

亀蔵がいるらしい寺に踏み込みますが

亀蔵は、凶刃に倒れます

七代目に刺客が送られ

会所の若者は、切り見世に引き釣りこまれて刺殺視察され

大黒屋からの全面攻撃です

いろいろ探し回ると車善七が声をかけてきます

大火のあとに死体を集めて供養して名前を売った人で

今は吉原の裏手に住んでるんですって

で、彼が配下をつかって、百面の銀蔵の住処を見つけてくれます

善七とは、2巻で、女郎が消えた事件で、知り合ってますね

で、踏み込むと、銀蔵はすでに吉原に入ってました

銀蔵の狙いは七代目四郎兵衛の暗殺でした!

幹次郎、走る!

で、なんとか間に合いました!

大黒屋が一ツ橋家を頼りにしていて、密書があるので

それを四郎兵衛たちが奪取

で、大黒屋は、用心棒の頭に、決戦が近いと報告

一気に居場所を替えたので、四郎兵衛たちはもぬけの殻に踏み込むことに

吉原に戻った幹次郎は、小吉が、見番に食料が運び込まれ

女武芸者に男装させて連れ込んだ、と教えられ

ねぐらを吉原に替えた、って察します

なので、小吉爺様を使って、敵を分断

一組は小吉におびき出させて番頭のとこへ

で、幹次郎が相手の頭目と一騎打ちで成敗

さて、切り見世に引きづりこま困れて殺された保蔵の実の弟の金次が、ここから参加です

で、汀女がさらわれ、大騒ぎ

拉致された時に汀女は切手(大門をくぐるための許可書)を落とし

次には、川から遊女の文が流れてきて、絞り込まれます

で、汀女は解放され

大黒屋は、見番を交代、ってことで、抹殺されるのでした

3巻は、敵が執念深かったので充実した1冊でしたね

おすすめ(^^)

見番2版posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2013年08月 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。