白銀の墟 玄の月(3) 小野不由美 泰麒は麒麟を逸脱するのか ネタバレ注意

3巻です

蓬莱で育って、泰に戻って麒麟となり

麒麟の角を失って、再び蓬莱に戻るも

泰麒の妖魔が、蓬莱で人を殺戮しまくって病んでいた泰麒

そしてこっちに戻ってきたとき

黒麒麟の泰麒は、実はすさまじいものに、変化してたのね~

ってことが、3巻、4巻でわかりますね(^^)

13~18章

王宮で、泰麒の周りの人間が病んでいきます

それは、次せん、っていう人の魂を抜く妖魔のせいで

王宮に妖魔が入り込むって、状態が

今の泰の国の危険度を現してますね

3巻では、阿選が、なぜ「ぎょうそう」っていう王を追い落としたか、

が語られます

阿選にも、阿選を従う部下たちがいて

彼らは、慕うにたる相手だった阿選が、変化したことが辛いのね

で、そんな風に阿選を変えたのは、もちろん自分自身だけど

浪燦っていう、城の重鎮がいて、こいつの耳打ちが、阿選に踏み切らせたの

で、浪燦は、この世界と王の関係に興味があって

それで、ぎょうそうを封じ、麒麟を放逐し、その中で、天(世界)がどう動くかが知りたかったって

好奇心は猫を殺す、っていうけど

こいつの「知りたい」で、ぎょうそうも泰麒も、泰の民も、さんざんだわ!

さて、2巻で、死んだ立派な武将とは「ぎょうそう」ではないか。って

情報が錯そうしてましたが

実は、李斎も知っている基寮って人のことでした

今だぎょうそうの死は確定とならず、李斎はさらに探します

麒麟は妖魔を従えることができて

阿選にも、妖魔を使うことができるようです

ただ、札で妖魔の影響を押さえるだけで、使役はできない

で、浪燦は黄朱なんだって

黄朱の存在は、十二国記でも色々書かれてますが

まだまだ、謎の多い人たちです

泰麒の配下だった人に「正頼」という人がいて

この人も仙だからなかなか死なないんですが

国家の資産を、阿選から隠しているので

ひどい拷問を受けてます

で、泰麒が、耶利と頂梁とで忍び込み、正頼から、その隠し場所を聞き出したので

頂梁が、王宮をぬけて、連絡をつけに走ります

正頼に逢いに行ったのちに頂梁が出奔した、ってことで

阿選に泰麒が締め上げられますが

王でない阿選に、泰麒がぬかずくことで、阿選は、ついに即位を決意します

李斎たちは、主上は死んでない、でも戻れない

なぜなら、落盤に閉じ込められたからだ、ってたどりつきます

そんな中、ぎょうそうは、暗闇の中で、ときおり、弔いなのか布施なのか

川から届いてくる食物で食いつなぎながら、いきているのでした

ってところまで!

うわ~

盛り上がってきた!!

主上、生きてた!

で、最終巻の4巻へ(^^)

白銀の墟 玄の月 第三巻posted with ヨメレバ小野 不由美 新潮社 2019年11月09日 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。