マスカレード・ゲーム 東野圭吾 最新作の感想レビュー備忘録。総決算、と帯にあるので最終巻?

作家買いです。

京都旅行に持っていくために買いました。

新幹線の中で読了。

スマホで時間つぶしするより、本の方が目に優しい・・。

老眼だしな~(^^;)

マスカレード・ゲーム [ 東野 圭吾 ]

ホテルでの殺人事件を防ぐために

米国留学経験のある刑事が

ホテルのフロント業務に潜入捜査する、ってのが

マスカレード・シリーズの流れです。

途中、短編集もはいりましたが

長編のシリーズとしては

マスカレード・ホテル

マスカレード・ナイト、に続いて3作目。

ネタバレですが、新田刑事の進退問題へとなるので

本作でシリーズは完結しそうですね。

殺人事件が続きまして

加害者を探すために、被害者を調べると

その3人には、それぞれ事件の加害者となった過去があり

その量刑がすくなかった、という共通点がありました。

最初は、加害者事件の家族が疑われますが

それぞれに、確固としたアリバイがある。

でも、連続殺人としかみえないことから

交換殺人が疑われるわけです。

そして、連続殺人事件の「交換殺人加害者たち」が

新田刑事が過去二回、潜入した「ホテル・コルテシア東京」へと集まることから

4つ目の事件を防ぐために

新田たちが、三度目の潜入捜査に入るわけです。

新田刑事と名コンビだった山岸さんも、アメリカから呼び戻され

二人の関係は安定してますが

出世したい女性刑事が波乱の種で

刑事側でのごたごたと

犯人は誰だ?の謎解きがからんで

なぜ、このホテルが舞台で選ばれたのか?とか

新田の大学時代の友人女子の登場とか

さすがは東野圭吾。

読み始めたら一気読みでした。

最初の1冊ほどの勢いはないんですが

3冊目でも、この熱量があるのはすごい。

ただ、新田刑事は、この事件で刑事をやめるようなのですが

ホテル・コルテシアの警備担当になるの?

そしたら、山気さんとの関係とか

あらたなホテルを舞台にした事件とかがおこって

まだまだ、このレギュラーで物語が読めるかも、と思いました。

そういう終わり方も、良かったですよ。

とってもおススメなので、是非購入してみてくださいませ。

マスカレード・ゲームposted with ヨメレバ東野 圭吾 集英社 2022年04月20日 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。