倒産続きの彼女 新川帆立 元彼の遺言書のスピンオフ 感想レビュー備忘録。

作家買い。

倒産続きの彼女 [ 新川 帆立 ]

面白かったですよ。

剣持麗子は、ドラマでは個人事務所をたちあげてますが

原作の方は、元いた大手に継続就職中。

で、その大手で、剣持のサブというか、後輩枠に入った玉子が主役なのが

本作です。

これにぼんやり続くのが剣持麗子のワンナイト推理 [ 新川 帆立 ]

1,羨望と下克上

2,あちらこちらの流血

3,同じくらい異なる私たち

4,トラの尻尾

5,命の値段

つんけん弁護士だった、剣持麗子の勤める

山田川村・津々井法律事務所に勤める美馬玉子が主人公。

事務所の一年先輩である剣持麗子に苦手意識をもちながらも、

ボス弁護士・津々井の差配で麗子とコンビを組むことになってしまう。

二人は、「会社を倒産に導く女」と内部通報された

ゴーラム商会経理部・近藤まりあの身辺調査を行なうことになった。

ブランド品に身を包み、身の丈にあわない生活をSNSに投稿している近藤は、

会社の金を横領しているのではないか? 

しかしその手口とは? 

ところが調査を進める中、

ゴーラム商会のリストラ勧告で使われてきた「首切り部屋」で、

本当に死体を発見することになった彼女たちは、

予想外の事件に巻き込まれて……。

って展開です。

今はSNSがあるからね~

給料より高いものを見せびらかせば、すぐに警戒警報が出ちゃう。

まりあは、倒産する会社を狙って転職して

中で、倒産の引き金になる色々を

まりあが自覚ないままに流出させてました。

で、死体となった女性は、まりあと仲良しさんでしたが

対外的には、そういうことではない、ってことに

玉子のおばあちゃまは死んじゃうし

(こちらは、年齢からくる急死で、連続殺人ではない)

玉子の両親は、実は事業の失敗で夫婦で心中してるし

(死体がいっぱい)

さらに、両親を追い込んだ、ある経済組織が

今回の連続倒産にも絡んでいたりして

色々入り組んだ展開でした。

前回の、キャラ立ちが強烈で、一気読みしたような魅力はないです。

あと、悪の組織?が

ありそうで、あるんか?ってファンタジー的でもありますが

謎解きもの、としては面白かったですよ。

おすすめ

倒産続きの彼女posted with ヨメレバ新川 帆立 宝島社 2021年10月06日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。