本好きの下克上・第五部(女神の化身)(6)香月美夜 最新刊のネタバレ注意。王の養女への準備とディルクが貴族に、他

大好きなシリーズです。

ネット小説の白眉!

アニメ化も絶好調で、第三期がはじまるみたい。

漫画化版も読んでます。

新刊がでると、前から読み直しちゃうから

ほんと、時間があっという間!

平民に生まれたんですが、何度となく死にかけて

その間に魔力圧縮を覚えていたマインは

貴族に取り込まれ、隣領地の貴族にさらわれるとこを

エーレンフェストの領主の養女となることで助けられます。

平民の兵士の娘から、神殿の巫女見習いとなり、領主の養女へ

その後、貴族院に行ったら、貴族の中でも突出した魔力と

神殿育ちってことで、貴族院の神殿でいろいろやらかして

今度は王の養女になることになります。

封建社会なので、王の言葉には逆らえないのね。

平民は、貴族の八つ当たりで殺されるし

下級貴族は、上級貴族に逆らえず、領主に逆らえず、王族に逆らえない。

その中で、転生者としての記憶のあるローゼマイン(マインから改名)は

王族にもビビらず(平等思想ってすごい)それでも、いろいろを守るために

王の養女になることを受け入れます

さて、王族がローゼマインを必要とするのは

王家の必須権力ツールである「グリトリスハイト」をローゼマインがゲットできた

ってことなんだけど、実は、フェルディナンド様も

すでにゲットしてたのね

ローゼマインがゲットできたのは

フェルディナンド様の魔力に染まっていたからなの

王の養女としてエーレンフェストを出ていくことが既定路線になったローゼマインは

いまのうちに、ってエーレンフェストの改革を前倒ししていきます

そんな中の一つが

エーレンフェストの貴族の粛正で、減った貴族の補填のために

元は平民である「ディルク」が、貴族として取り立てられることであり

フェリシアの弟のコンラートが、青色貴族として孤児院を守りたい、って望むことです。

本作の見せ場の一つは、この、孤児院の二人の未来への想いね

ローゼマインに傾倒しているハルトムートが

かなり偏執的に洗脳してるから。おもしろかった(^^)

そして、中央へ行くローゼマインの側近として

リーゼレータが選ばれるとこ

リーゼレータには婚約者がいたし、一族の棟梁として身動きできなかったけど

ローゼマインを大事にしてくれるエルヴィーラの尽力で

リーゼレータは自由になって、ついていけることになります

ここらは、ネット小説ではあまり書かれていなくて

今回の書籍版で、すっきりしました(^^)

ダームエルとフィリーネの関係も

ネットの方だと、いろいろかっとばして書かれてましたが

本作で、きちんと押さえられていて、満足です

このシリーズ、ネット小説から紙媒体になる間に

読者の?に答える形で加筆、訂正がされていて

そういうとこが、本当に親切です。

さて、ネットで先読みしてますので

次巻から、ローゼマインが成長して幼女から美少女(中学高学年か)になり

フェルディナンド様の危機に駆けつけるという

本シリーズでも最高の見せ場が始まります!

次巻は12月10日発売です。

うう、たのしみ!!

本好きの下剋上第五部「女神の化身6」(5-6)posted with ヨメレバ香月美夜 TOブックス 2021年08月10日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。