錬金貴族の領地経営(3) 三島千廣 最新刊のネタバレ注意。治水と暗殺ギルド編

作家買いして3冊目

アニメ化もされた、シロクマ転生、の作者さんです。

今回は、錬金術ができる貴族の若様に転生しましたが

そのおうちが、ド貧乏でツンでまして

そのために頑張る話です。

1,忙中閑あり

2,追憶王都

3,逍遥貴族

4,山神難儀

5,冒険貴族

6,治水事業

7,刺客暗闘

8,女傑堅守

9,水竜統御

10,堤防決戦

11,黄金流河

描きおろし、日々平穏

現在、ネットで発表されてる分が休止してまして

続きがでるか、ちょっと不安・・。

ネット小説って、中断しちゃうのけっこうあるからな~

カインが錬金術師で後継者。

爺様がなくなり、父上が役立たずで、息子のカインが頑張ってます。

ゼンという獣人は、奴隷で側仕え。

なんでもできる執事のセバスチャンの孫がジェフ。

メイドがごろごろいまして

カインの親族(分家の双子)のライエとリースが、護衛であり

側室の座を狙ってます。

そんなメイドの中で、一番カインが親しいのがアイリーン。

ちょっと天然が入ってる子

ユージェニーっていう、虫使いってことで差別されてた女子を

カインが助けて庇護したことから、ユージェニーは

カインの警護を自主的に行ってます

さて、ど貧乏の領地の民に

ギルド会長選の票集めをしたかった若当主を誘導することで

緊急の物資(おもに食料)を贈らせることで

餓死、凍死から助けたカインですが

貧しい領地で、食うために夜盗が増えたので

そこは、元は剣士として名高かった爺様の、元の配下をあつめて撃破

隣の領地からの宣戦布告も撃破、していきまして

人の話をきく、って態度と

錬金術で大地を成型して陣地をつくるってことで

なんとかがんばってるカインです。

ここまでが最初の1~2巻

屋敷の中では、相変わらずメイドたちが

カインの寵愛めざしてうごめいてますが

間抜けな感じで、よい息抜きです。

惚れ薬をつくるってのがあって

ほんとに作れちゃって、カインがはまっちゃった話が

忙中閑あり編ね。

薬が切れたら、愛人関係はチャラね

ひろったスライムが優秀で、カインの頭の中にはいって

疲れた脳みそを整えてくれました

で、カインの記憶の中の、母とか父とかの姿にも化けられて

メロディっていう美人音楽教師の姿になるから

色々思い出すカインです。

で、過労で倒れたカインのために

温泉旅行が計画されます。

温泉は山奥にあり、その村では、生贄なんて話がありました。

山神さま、っていってますが

どうも盗賊くさい。

てことで、カインが従者のジェフを連れて成敗しますが

なんと、生贄美女は、失踪していたカインの異母姉でした!

ゴブリンも退治して、メリアんデール姉様を屋敷に連れ帰るカインです。

で、領地のために治水せねば、って見に行くと

カインに刺客が。

ついでに、伯爵領から侵略する兵士たちがいたので

殺すのではなく、食料持たせて返したら

反省したうえ、伯爵からは謝罪の文が

これで、しばらくは大丈夫か?

で、治水の地域には

カインの爺様が土地を拝領する前から、治世していたユメル家ってのがあって

そこの後継のお姫さまが、カインの治水工事への人員確保を邪魔します。

姫様は、戦争で未亡人になったり孤児になった子を支援しているから

そんな女性たちを工夫としては出せない、っていうのね

一理あるけど

人がすくない領内では、女性も労働力なのよ・・。

姫様の名前はジュリアンヌ

手練れで、カインの腕ではかなわない。

さらに、暗殺ギルドが、金をもらってカインを襲いに来て

カインを助けようと、元は暗殺ギルドから派遣され

今はカインに心酔しているユージェニーが

体を張って守ってくれますが

彼女もひん死となります。

雨の中

治水工事に、自分も動くカインに、周りの人間も動き出し

さらに、刺客たちとの闘いの中

ジュリアンヌが、刺客たちを引き受けてくれて

カインの錬金術は、堤防へと。

最終的に、治水工事は完遂され

暗殺ギルドは壊滅

ユージェニーも生還。

ただ、ジュリアンヌは、カインの正妻となって

居座るようですね。

って感じで3巻終了。

4巻でるのんかな?

シロクマ転生の方も止まってるんですよね~

錬金貴族の領地経営(3)posted with ヨメレバ三島千廣/ともぞ 双葉社 2021年01月29日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。