乱癒えず 新吉原裏同心抄(3) 最新刊のネタバレ注意 京都にアヘン窟が!

吉原裏同心シリーズの最新刊です

現在、幹次郎と麻は京都にて修行中

幹次郎を次の会所の頭取にするために、冷却期間でもあったのですが

幹次郎の留守をねらって、吉原は狙われてます

吉原女裏同心の澄乃が頑張ってますが・・

ってところで最新刊へ

1章、色事師小太郎

2章、鞍替え

3章、敵の正体

4章、焼け跡の快楽

5章、目疾地蔵

2巻の終わりで、幹次郎は敵の刺客を成敗してるので

刀の手入れが必要です

京都での道場主の師匠・観音寺さまから借りた道具を使っていたら

京都の役人の入江が目ざとくみつけ

役人だから、死体が見つかったことを知っているので

幹次郎の対決跡だと、暗黙の了解です

入江は、京都奉行所に属していながら、直属は内裏密偵であり

京都所司代の下にいる、って明かします

で、江戸も金に困っているが、内裏はもっと困ってるって

それに西国の雄藩がつけこんでの騒動だ、って

江戸では、吉原乗っ取りの概要がいまだつかめず

幹次郎がいままでやっていた「外の手を借りる」を澄乃もやってみることに

身代わり佐吉とのつなぎで

竹松のいる、寅次の店で働きだす澄乃

そんな中、汀女のいる柘榴屋敷が襲われかけ

それを澄乃が退治したことから

澄乃が柘榴屋敷に泊まり込むことになります

ごはんもおふろも、ふかふかの布団も用意されてるから

澄乃にとっても、極楽ね(^^)

さて京都

内裏の金を扱う禁裏御料方の副頭取・綾小路、が暗躍してるらしい

で、実はここまでは、幹次郎以外の京都の連中は知ってたのね

確信はなくても、あいつだろう、って

ふむ

江戸では、色事師の小太郎ってのが、しっぽの一つと分かり

そこから伝っていくことに

小太郎が、一人の頭で、柘榴の家の小娘を拉致って

吉原から金を引き出そうとして、澄乃に阻まれたのね

仲間割れか?って推測もあり

小太郎を探す会所です

でも、佐吉と澄乃が小太郎の家にたどり着くと

小太郎もその母親も、柘榴の家に押し入ろうとして頭分も

合計三人が切り殺されてました

役人が調べ、死体が片付いてからも

澄乃と佐吉が張り込んでいると

柘榴の家に押し入ろうとした残り二人が、この家に来ます

何があったか知らなかったようですが

澄乃を見て、会所の手が回ったと知り、さらに頭分が殺されたので

情報だけつげて、佐吉からもらった金で逃げることに

でも、子分どもが教えてくれた

小太郎が元佐渡奉行とつるんでいた、って話は有力で

さらに、元軽業の新之助が、昔の仲間から「剣客見世物」がいるが

それが怪しい、って話を聞きこんだので

澄乃と新之助が「兄妹」に扮してさぐりにいきます

でも、敵に察知されて囲まれたら

会所が助けに来てくれました

で、調べに本元の座を探りにいくと

そこには、吉原の町名主の池田谷が殺されてました

吉原には、裏切り者が何人いるんだろう・・

一方京都では

京都大火のあと、祇園祭の山鉾を置いておく場所の地下が

アヘン窟になっている、って幹次郎と入江の潜入でわかります

わかったところで、役所が踏み込むときには

引き払ったあとだろう、って入江

でも、バレた、ってことが大事なんだ、って

京都も江戸も、事件はちっとも解決しません。

吉原裏同心は、1冊で完結してたから

こういう、ひき、の強いシリーズは久しぶりで面白い!

次巻も読みます(^^)

乱癒えずposted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2020年10月08日 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。