冬の狩人 大沢在昌 狩人シリーズ(5) 最新刊のネタバレ注意。2日で完読!最高!

大沢在昌。

作家買いしている作家さんです。

新宿鮫が有名なんですが、この狩人シリーズも絶品です!

北の狩人

砂の狩人

黒の狩人

雨の狩人、と続いて6年ぶりの最新刊が本作です

1~65章

新聞連載を加筆修正してます

佐江っていうおっさん刑事が主役です

新宿のマル暴に恐れられていて

そういうとこは、新宿鮫と一緒ですが

あっちがキャリアの頭のいい、イケメン?に対して

こっちは、ノンキャリで、小太りの脂ぎった感じのおっさんです

こんなおっさんなのに

読みこんでいくほどに、おっとこ前度が上がるんですよね~

地方の企業城下町で

そこのトップ二人が射殺、残り一人は今も昏睡状態という

未解決の「冬湖楼事件」ってのがおきたのが3年前

三年たってから、その地方署に、当日同席していて

その後、姿をくらました「阿部佳奈」から、出頭したい、ってメールが入ります

ただ、その出頭にあたって

新宿署の佐江刑事に出張って欲しい、って

なぜ彼女は佐江刑事を指名したのか?

事件の真相は?

ってのが、展開している刑事推理モノです

佐江は新宿、つまり警視庁管轄で

彼にくっつくように命じられたのは

若いながらも優秀で、30歳前に刑事になった川村

両親は、企業城下町で米屋をやってるという

地域密着型の刑事ですね

彼が佐江に張り付かされたのは本当に偶然ですが

佐江の、マル暴に対する手際などなどに

圧倒されながらも、川本は、だんだん佐江に傾倒していきます

ただ、川本はH県警の刑事だから、佐江に傾くと、周りから裏切りみたいにみられる

さらに、佐江は、キャリア組が、自分にクロがつかないために

ノンキャリを防波堤にするのを多々見ているので

川本の、まっすぐな良心を愛でて、川本を庇おうとします

うふ

そういうとこも、佐江のかっこいいとこなんですよ!

重要参考人の阿部さんは、命を狙われます

未解決の事件の真犯人が、彼女をターゲットにしてるようですが

なぜ?

犯人の顔をしっている、または、実行犯の後ろを知っているのなら

出頭する前に話すこともできるはず

などなどと、謎は謎を呼びまして

新宿の暴力団男が、アウトソーイングの刺客を送ってきたりするから

日本なのに拳銃の打ち合いになったり

川村の上司が、拳銃で射殺されたり

佐江が、川村の命を救うために

もたもたする上司に「短期間で部下を二人殺されたキャリアになるのか!」

って脅しをかけて、サクッと自分の使い勝手よいようにしたり

まぁ、ほんとに、一気読みでした!

一応推理ものなので

誰が黒幕で、最後はどうなるか、っていうのは書きませんが

一つ、川村君は生還します!

彼が死んだらやだな~、って思いながら読んだので

これは、言ってもいいと思う

企業買収が、根っこにあります

企業への憎悪も、あります

ヘタレの後継のオバカさんも、影響してます

で、佐江が選ばれたのは

「デブは好みではないけど、惚れちゃう男なの」っていう

ある彼女のつぶやきからの、ご指名でしたね

これ、ほんとに納得しちゃいます

加齢臭とか強そうだけど

デブな男は嫌いだけど

佐江は、ほんとにかっこいい男です!

熱烈におすすめの一冊でした。

前のシリーズもおすすめです

特に、シリーズ1冊目、北の狩人は、絶品なので

是非!

冬の狩人posted with ヨメレバ大沢 在昌 幻冬舎 2020年11月18日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。