まよい道 新吉原裏同心抄(1) 佐伯泰英 京都編開始 ネタバレ注意

吉原裏同心シリーズ

吉原裏同心抄、は、薄墨太夫が麻、という武家娘になってからの顛末

でもって、新吉原裏同心抄、は

麻を連れて、幹次郎が京都に行ってからのシリーズとなるようです

京都の騒ぎと、江戸の吉原での事件が

並列して起きるのかな?

まだ1冊しか読んでないので、わからないんですけどね(^^)

1章、桜の京へ

2章、出会い

3章、島原一夜

4章、放逐

5章、危難あり

麻は、年増となった汀女のかわりに

京都へ行く幹次郎のお供となってます

武家の女である汀女にとって

麻は、妹であると同時に、許容できる側室の扱いになるみたい

ここらは、ちょっと女性の共感を得るのが

むずかしいかな~

京の遊郭は、江戸の遊郭の先輩なので

より良い江戸遊郭の未来への視察旅行となってます

で、京都で、幹次郎の元の藩・豊後岡藩の同僚と

ばったり出会ったりしてます

京都って、狭い町だからね~

で、江戸を出る言い訳の一つに

豊後岡藩への復帰のために、ってのがあって

それを聞いていた豊後岡藩のメンツは

とっても不愉快なのね

まぁ、ここらは仕方ない

岡藩の藩士の気持ちもわかる

江戸から京都の「たかせがわ」って宿屋を紹介されました

一見さんお断りの、なかなか格式のある宿らしいです

その宿に泊まれるだけで、まぁ、まっとうな人間って証明になる

で、清水寺を麻と幹次郎が参拝したら

岡藩の奴が襲ってきて、返り討ちにしましたら

そこに、はけたりょうぜん、って坊様が来合わせて

ちゃんと証言してあげる、って

江戸の話が挿入されます

幹次郎失踪を隠してますが、そろそろ無理かなって

京都をうろうろしていたら、薄墨太夫だったころの顔なじみに遭遇しちゃいます

三井さん、知己が増えていきます

清水寺で人を斬ったので、刀の手入れが必要で

六代目、寺町屋藤五郎さんと縁ができます

所司代の籠が来合わせて、止まった上で麻を呼ぶので

何事、って思ったら

今の所司代の太田の殿様が、薄墨太夫を覚えてました

島原は、さびれてました

これが吉原の未来か、って落ち込む二人です

祇園の方が、栄えているのね

これは、今も同じかもね

江戸の方では、幹次郎が消えたことで

吉原を狙う黒幕が動き出したようです

岡藩が幹次郎を邪魔にするのと

京都に出張っている理由を調べて

岡藩では、女性を女衒のように売る動きがあるらしい

ってことがわかってきます

経済が行き詰まってるのね。殿はご存じたいだろう、って

吉原の大店を買いたいって田舎の金持ちが出てきます

この男の後ろに、だれかいるようで

江戸に残された女裏同心の澄乃が探ってます

京都では、一力茶屋で麻が修行し

祇園社に、幹次郎が住み込むことになりました

で、麻と夜歩きしてるとこを襲われ、そこを京都の町奉行目付同心

入江、に見とがめられますが

まぁ、襲われた方、って遠目に見えていたので

そこでは釈放、宿まで送ってくれます

この入江さまも、これから関係するのかな?

って感じで1巻は終了でした

新しいメンツがザクザク出てきて、展開も早くなったので

新シリーズとしては、なかなか快調な出だしですね

次も読みます

まよい道posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2019年10月10日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。