ネットで「女性」に売る 谷本理恵子 ネタバレ注意 とても興味深い考察でした。こういう風にやるのか、って納得

このブログを書くことで

本が売れたらいいな~と思っているたので

タイトルに惹かれて買ってみました

面白かったけど

私のブログには向いてないお話でしたね

ショップとかのHPには、取り入れた方がいいと思えましたけどね

1章、女性が見たいもの、見たくないもの

2章、シンデレラが憧れる世界をつくる

3章、女性をトリコにする文章の秘密

4章、魔法がとけると買ってもらえない

5章、買い物は、いつでもどこでも楽しい

男性と女性では買い物の仕方が違う

スペック重視の男性と、イメージに左右される女性

おとぎ話に現実の苦労はいらない

本当の自分を取り戻すための魔法、が好き

つまり、解決手段ではなく、魔法を売る

常にある欠乏巻こそが、セールへと、衝動買いへと誘う

写真、色、映像で、五感に訴える

写真も、外国人女性が受けるのは、現実的でないから

女性は5歳違うと、悩みや価値観が異なる

コンセプト、価値観を統一する

文字が大きいほど、読んでもらえる

読まない、信じない、行動しない、では買ってもらえない

クチコミせずにはいられない、女性心理を押さえる

専門知識より、共感性が大事

一足さきに試した人の言葉が大事

男性にはモテ欲求があるが

女性には、自己満足かもしれないけど自分を大切にする、が第一

そして、商品の価値=自分自身の価値

今買わないといけない理由、がたくさんあるほど

買ってもらえる

とっても読みやすい本でした

本の中身を実践してます

文字は大きく、色は黄色とピンク

太文字をまんべんなく使って強調

うふ

いいですね~

ネットで「女性」に売るposted with ヨメレバ谷本理恵子 エムディエヌコーポレーション 2017年09月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。