嫁をやめる日 垣谷美雨 推し本。私の感想レビュー備忘録。作家買い。未亡人になって知る夫の色々。

推し本。

作家買いです。

この作家さん、ほんとうに上手!

嫁をやめる日 [ 垣谷美雨 ]

垣谷美雨 | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

嫁をやめる日 ネタバレ注意

夏葉子は、夫が46歳の若さで脳溢血で突然死しちゃいます。

結婚15年。

実家の東京からはるばる長崎まで転勤についてきて

長崎は気に入ってるし、実家と距離を置きたかったから

それに不満はないけれど

子供もいないし・・。って

いろいろ考えることはあります。

亡き夫の通帳を見たら、けっこうな額が女性名義・サオリに振り込まれていて

これは愛人か?って思いますよね

私は、関係のある男、ってのが気になって

ゲイなのを恐喝されてるのか、っ読みながら思っちゃいましたよ。

夫がローン組んでくれた家なので、死亡生命保険でローンはなくなったけど

子供がいなくてちょびっとの生命保険しかないので

持ち家で、パート仕事の日々となります。

そしたら、夫の名家である家からは、姑がしょっちゅう遊びにきちゃって

鍵は返してくれないし

お墓には、すでに嫁の名前が彫り込んであるし

舅は認知症の気配があるし

亡き夫の姉は引きこもりで

そんな婚家にしばられたくない、ってのが、まぁ、本音

ジムの女友達も、夫が柔道部の生徒のママと不倫してるらしい、って感じで辛そうだし

そんな中に、ちょっといい男がいて

恋人状態になるんですが、気付けば、一緒の時に金を払うのは、いつも女である夏葉子の方

彼の実家に一度だけ行ったら、自分が海外放浪する間に

両親の面倒を見て欲しい、って感じ

ほほ、すごいわ~

アテにしてなかった実家の父が

常連さんの娘さんが自殺した、って話を聞いていたからか

しっかり者の長女、だった夏葉子をいろいろ気遣ってくれて

婚家の姑、舅、姑の妹、の三人に向かって

しっかり言ってくれます。

仏壇は返すし、亡き夫の荷物も送り返すし

鍵も変えちゃう。それを、父がいる間にやっちゃう

男親って、頼りになる。

最後の最後に、引きこもりの姉が、夫が恐喝されていた真実を教えてくれて

夏葉子さんを、好きだった、大事にしてた、って言ってくれて

まぁ、色々の事件で大人になった夏葉子は、それをうのみにはしないけれど

今はもう、それでいいかな、って

亡き夫からの籍を抜いて旧姓に戻した夏葉子ですが

長崎には住んでいるし、姑とかが困っていると声くらいはかける

そうして、日々はすぎていく、って感じで読了。

これは、ドラマになるな~

嫁をやめる日

posted with ヨメレバ

垣谷美雨 中央公論新社 2017年03月

楽天ブックス

楽天kobo

Amazon

Kindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです 。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

このブログは、プロモーションが含まれております。