本好きの下克上・第五部(女神の化身)(10) 香月美夜 最新刊の感想レビュー備忘録。

現在、ネット小説では最推しです。

転スラも面白いけど、こっちのほうが完結まだが素晴らしいです。

第五部の10巻まで来ました。

2013年にネット連載が開始されて、10年目の来年2023年に

本編完結までの書籍版が出る予定です。

12巻で完結、と予告がでてますからね。

来年の完結が楽しみです(^^)

そして10巻では、ネット版にプラスして、かなりの書き下ろしがありまして

堪能いたしました。

1日で読み切ったわ!!!

本好きの下剋上第五部「女神の化身10」(5-10) [ 香月美夜 ]

本好きの下克上・第二部(神殿の巫女見習い)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

本好きの下克上・第三部(領主の養女)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

本好きの下克上・第四部(貴族院の自称図書委員)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

本好きの下克上・第五部(女神の化身)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

プロローグ

夜の貴族院

アダルジーザ離宮

協力者

アルステーデの話

ソランジュの救出

始まりの庭への道

ツェントの責任

講堂の戦い

始まりの庭から戻った者

祭壇上の戦い

始まりの庭にて

ツェントレース

魔王の暗躍

暗躍の報告

エピローグ

書き下ろし

中央の戦い

イマヌエル(帰還した傍系王族)

アナスタージウス(王族の立場)

マグダレーナ(裏切り者の討伐)

ジェルヴァージオ(女神の降臨)

フェルディナンド(負けられない戦い)

プロローグは、相変わらず困ってちゃんのディートリンデ視点。

母からろくな教育も愛情もかけてもらえずに

放置された子ですが、当人の資質もあると思う。

人にちやほやされるのが好きで(みんなそうよね)

努力とか考えず、配下の手柄はすべて自分のものというジャイアン性格です。

で、現在アーレンスバッハから貴族院の中の離宮に滞在中。

暇をもてあましてますが、イケメンのレオンツィオがいればご満悦ですね~

こちらはローゼマイン。

アーレンスバッハの礎を染め直し

フェルディナンド様を開放し

エーレンフェストに攻め込んだゲオルギーネを成敗したのち

ツェントになろうとしてる、外来のランツェナーヴェ王・ジェルヴァージオが

グリトリスハイトをゲットして、ツェントになるのを防ぐべく

貴族院へと転移します。

王の騎士団長であるラオブルートは

元はジェルヴァージオの騎士だった人で

彼に王になって欲しくて、画策してます。

一番大きいのは、騎士団にトルークという精神誘導剤を蔓延させたことで

その薬は、トラオクヴァール王本人にも効いてます。

ラオブルートが、王族や王宮を手玉にとっているので

ローゼマインたちは後手に回り

離宮を奇襲して、ジェルヴァージオの配下とその武器を押さえたのが

唯一の勝ち点で

その後、講堂に集まっている騎士団たちに立ち向かいますが

すでにジェルヴァージオは神様のとこに行ったあとでした

ツェント候補である

ローゼマイン

フェルディナンド様

ジェルヴァージオの三人が

エアヴェルミーンのとこに呼び出されますが

フェルディナンド様があいかわらず不遜で

エアヴェルミーンから攻撃されるもんだから

ローゼマインが間に入りますが守り切れず

助けて、って神様に願ったら、メスティオノーラが降臨しました

その時に、ローゼマインが、本を読ませてくれるなら、身体かします!ってことで

でも、神様の助力には犠牲がつきものなのね。

メスティオノーラの降臨で

フェルディナンド様へのエアヴェルミーンの攻撃はとまり

メスティオノーラから神力をもらったことで

エアヴェルミーンの怒りも収まります。

で、三人のツェント候補に、それぞれの境界門に魔力を入れる競争をさせて

勝者がツェントになる、って女神の裁定が下るわけです。

ローゼマインから女神は消えてますが

女神の裁定は生きているので、三人はグリトリスハイトを出して

境界門への魔力注ぎに走ります

ですが、ローゼマインがコピーしてペッタンで一抜けし

フェルディナンド様は手書きで早く書きあげますが

自分がかきあがったら、ジェルヴァージオの魔法陣をぶっこわして

さらに手足を撃ち抜いて転がす、ってことをしまして

自分のあてがわれた門ではなく、ローゼマインのとこに走ります。

ほっとくと自分でへんなことをするローゼマインに指令を与え

フェルディナンド様分担の門にローゼマインが魔力をいれるってことにし

その間にフェルディナンド様は

貴族院に戻り、アナスタージウスつかって王宮を突破した上で

中央神殿へと走り、ジェルヴァージオのシュタープを封じるために

彼のメダルを王族に破棄させます。

結果、ジェルヴァージオがツェントになる可能性は

完全に断たれ、フェルディナンド様の勝利となります。

ジェルヴァージオがツェントになると

彼に敵対していたもの全部が粛正されるからね

フェルディナンド様も命がけです。

ここらの貴族の命のやりとりは、ほんとにおもしろいので

是非本編を購入して読んでください。

上記の流れは、ネット小説でも書かれている流れですが

書籍版では、ローゼマイン視点以外で

上記のエピが書かれていて、それがほんとにおもしろい

イマヌエルは中央神殿の神官でしたが

前に神殿長を殺害して今の地位にいて

ローゼマインをゲットすることで、神殿の力をトップにして

ローゼマインを傀儡にすることを夢見てます

アナスタージウスは、奥さんとむすめのために走り回り

で、フェルディナンド様の言いなりにもなるんですが

長男ではなく、アナスタージウスが動くことで

奥さんが次期ツェントになる伏線にもなってるのわね

これは、今回の本でよく分かった

マグダレーナは王様の第三夫人で

元ダンケルフォルガーの領主の娘、現領主の妹で

彼女が、とってもダンケルフォルガーで面白かった

ジェルヴァージオ視点は

彼なりに、周りのものを将来を背負っている、ってわかってきて

ちょびっとかわいそうになりますね

まぁ、しかたない

フェルディナンド視点は

まぁ、やるときはやるぜ!って感じで魔王降臨でした

すばらしい。

って感じで読了

あ、つかれた(^^)

本好きの下剋上第五部「女神の化身10」(5-10)posted with ヨメレバ香月美夜 TOブックス 2022年12月10日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。