ロメリア戦記(2) 有山リョウ 6年後の感想レビュー備忘録。魔族はまだ殲滅できてない。

面白い!

とってもおススメです。

アマゾンのレビューでは、2巻まで面白くて、3巻からは

という辛口のレビューがあって、どうしようかな~と思ったのですが

まぁ、既刊の4巻まで読んでみようかと。

ネット小説の方と、全然違うから、本の方でおっかけるしかないんですよね。

うん

ロメリア戦記 ~魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した~(2) (ガガガブックス) [ 有山 リョウ ]

1,魔王軍を掃討したから軍隊解散した

2,魔王軍を倒したと思ったら新たにやってきた

3,魔王軍と戦ってたら、聖女と聖女が再会した

4,魔王軍が空からやってきた

5,魔王の実弟ガリオスと死闘を繰り広げた

終章、英雄と聖女の唄。

王太子だったアンリが、6年前に魔王ゼルギスを倒すために旅立ち

3年前、倒して凱旋。

2年前には王として戴冠

ですが、その後、魔王軍は荒らしまわってます。

辺境のボルヴィック砦。

魔族に取り囲まれて、民間兵も総員悲壮な状況。

アンリ王の軍は届かず、玉砕覚悟だったら、ロメリアの白い旗がたなびく!

うう、ここらの戦闘描写は、是非本編で堪能して。

もう、すばらしいから!

3年でロメリア20騎士と呼ばれるほど、一騎当千となった元新兵くんたち

一人だけ、亡くなってます。

ここらの話、ネットではあるんですが、書籍版ではサクッとけずられてます。

うん、正しいと思う。

その分、書籍版のテンポがいいんですよ。

ネット小説って、ある意味、だらだらするから

こういう風にしてくれる方が、読みやすい

無事に魔族を殲滅し、伯爵令嬢としてドレスで歓待をうけるロメリアです。

砦の主はダナム子爵

今回は危なったですが、もともとは、やり手で有名な貴族様(^^)

さっそく、ロメリアと歓談という名の商談ですね。

一方アンリ王は、自分がダカン平原で勝利したのに

今はロメリア隊の名前が有名になって、おもしろくない。

こういうとこ、バカだと思う・・。

さて、魔族もバカではない。

母国に帰れないなら、自分の国を作っていくしかない。

魔王の弟のガリオスの武力をつかい

知将・ギャミの采配で、6大国のそれぞれにゲリラ戦をしかけます。

ロメリアは、魔族がいなくなったあと

王家が(政治が)ロメリア隊の抹殺に動くのはわかっていたので

さくっと、解散する予定でした

ですが、魔王軍のゲリラ戦が、ロメリアのふるさと、グラハム伯爵領に入ったので

隊を率いて応戦します。

アンリたち、王国の騎士の方も、東と南に勅命で動くこととなり

聖女で王妃のエリザベートが、グラハム伯爵領へと向かいます。

ロメリアの知恵を使っても、なかなか勝利がむずかしく

水のない砦に立てこもることとなります。

ギリでエリザベートが間に合いますが

ここらは、ぜひ本編で!

エリザベートの癒しは本物で

ロメリア隊で手足を欠損した3人が、癒しで腕や足が再生しちゃうとこは

すごかった!

なぜ王家の防衛を抜いて、魔族がゲリラ戦するくらい多量に動いたか

空からきたのでした。

お~

ガリオスが出張ってきてました。

さらに、エリザベートが手紙を送付した二人の仲間

魔法使いのエカテリーナ、剣士の呂姫が到着します。

戦えないロメリアは、アルたち兵士をそちらに残し

軍の維持のために、親衛隊の旗持ちとともに

一歩も譲らない覚悟を見せます。

うう、本作のこの戦いの場面は絶品です。

泣けます、是非、本ペンで読んで欲しい!

ガリオスとやりあっている間に

ロメリアの采配も、あって、魔王軍は敗退していきます

降伏勧告するロメリアに、死ぬまで戦え、というガリオス。

魔族はガリオスの言葉に死兵となり、人間を最後まで殺していきます。

ガリオスを王妃のエリザベートが、セメド荒野の戦いで撃破。

エリザベートとロメリアの不仲説も解消され、魔族も減って、いい感じです。

魔法使いのエカテリーナは、アレン王子(長子)をかわいがり

剣術家の呂姫は弟のアレル王子を、武人の素質がある、ってかわいがり

エリザベートもうれしいのね。

で、ザリア将軍は、アンリ王を殺すクーデターを画策中。

建国70周年の祝いの席で、アンリ王暗殺が実行されますが

察知したエリザベートが、アンリを庇って重症。

アンリ王排除を狙っていた、エリザベートの義父は、娘が刃に倒れて

反ザリア将軍となり、王家の側に

アンリ王は、もとから死ぬつもりで、将軍を逆賊にする予定でしたが

エリザベートがひん死で、計画のとんざにうろたえます。

ロメリアは、エリザベートとともに戦闘したことから、親衛隊と親和性があり

今回も、王家につく、って明言したことから、親衛隊とともに王と王妃を助けようとしますが

結果的には間に合わず、クーデターは成功します。

って感じで2巻終了。

うう

次巻も読む。

ロメリア戦記 〜魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した〜(2)posted with ヨメレバ有山 リョウ/上戸 亮 小学館 2020年11月19日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。