魔導具師ダリヤはうつむかない(8) 甘岸久弥 最新刊の感想レビュー備忘録。マルチェラの実家と魔導義足

大好きなシリーズです。

ネット小説の書籍版。

ネット小説の方は、もう少し進んでいて、兄さまやヨナスの魔剣とか

グイードの妻のためのメガネとか、相変わらずの面白さ!で

連載継続中です!

書籍化、ずんずん進めて欲しいです!

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 8 (MFブックス) [ 甘岸久弥 ]

銀蛍とペーパーナイフ

遠征訓練と鎧蟹

幕間、鎧蟹のお届けと名書き

背縫いと商会紋

商会紋のお披露目と新商品開発

猪鍋と柚子酒

幕間、追い出しの雛

学術的意見交換と魔導義足

大盾と老騎士の復活

幕間、剣の重さとペンの重さ

若き八本脚馬の悩みと父の背中

茹で蕪と青年の迷走と迷走

番外編、父と娘の魔道具開発記録(小型冷凍庫)

マルチェラとヨナスに護衛とかついてもらって

ダリヤは、魔物討伐部隊の遠征に参加します。

携帯温風機とかを、実地で使うのに立ち会うのね。

で、魔物はカニで、とってもおいしいんだって。

ダリヤは男装してダリになってますが

きゃしゃな感じは隠せなくて

部隊の男子に、ひそひそ良い噂されてますが

それを、ヴォルフが冷たく壁つくって、ダリヤを守ってます。

いい加減、自分の気持ちに気付いてほしい・・

ベルニージという、昔の副団長が参加してます。

昔、魔物討伐部隊では、部下が沢山死んでいたから

こんなふうに、コンロであったかいものを食べて楽しそうな隊員が

なんというか、ふがいない感じがするのね。

それを、足元よろけた時に助けてくれた

ロセッティ商会の男子従業員にグチったら

こころに落ちる言葉で慰められて

従業員が、男装しているロセッティ商会の会長・ダロヤだと知りまして

まぁ、こころ解きほぐされるわけです。

ダリヤは、年上男転がしの魔性の女なのですよ!!

実は、ベルニージの息子こそが、マルチェラの父親でした。

父を尊敬してたから

父と同じ魔物討伐部隊に入り、殉職したのね。

そして、亡き息子が結婚したい、と言っていた娘を探していて

その痕跡を、マルチェラを囲い込んだグイードに消されてたわけです。

グイードの内命でヨナスがいろいろ仲介して

マルチェラも、貴族に復帰するつもりはないし、恩のあるグイードの派閥から

抜けるつもりはないんですが

正式な対面ではなく、お互いが心の中で納得する、って感じで

対面を済ませまして

ブルニージ爺様は、孫の妻が妊娠中だと知って

名付けするまで老夫婦ともに元気でいよう!って。

で、魔物討伐の時に失くした片足の義足に

ダリヤがちょっと手を加えて

魔導義足ってのを作ったら

杖のいらない体に!!

貴族は見得から、義足の存在を隠して

義足に靴を履かせて杖をつくってのをしてたんですが

足に直接魔道具としての義足を履かせることで

義足、ってわかりやすいんですが、可動性をゲットしますのね。

これは、とっても素敵だな~

馬にスライム煎餅を与えたら、気合十分になっちゃう話とか

他にもいろいろ楽しいエピが満載なので

是非、本編を購入して読んでくださいませ。

あ、背中紋の話もいいですよ~。

周りの人には恋人同士の会話にしか聞こえないのに

ダリヤとヴォルフには、恋の熱のない話なのね~

このすれ違いっぷりが、本作の魅力の一つですが

そろそろ、ラブ要素も欲しいな~(^^;)

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 8posted with ヨメレバ甘岸久弥/景 KADOKAWA 2022年06月24日

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。