秋篠宮家と小室家 文藝春秋編 ネタバレ注意 まとめ本。林真理子さんのコメントが面白かった。

いや~。気になってたので読みました。

週刊誌を読むのは、どうかな~と思ってたんですが

こうやってまとまって読むと

ほんとに、ただひたすらに、皇室から逃げ出したかったんだな~って。

逃げたら、もっとハードな世界だと思いますけどね・・。

1,異例の記者会見

2,婚約内定から結婚延期へ

3,小室家の謎

4,秋篠宮家「自由な子育て」の源流

5,眞子さんと皇室の未来

美智子さまが、見事につくった皇室への尊敬を

あっという間にワイドショーネタにした婚約、結婚でしたね。

私たちの税金なのに、ってコメントがでるという

前なら不敬罪とか、遠慮する言葉が、遠慮なくでた。

秋篠宮家の結婚タイミングも

まだ喪中で、けっこう批判されてた。

眞子の字も、自分でつくっちゃった漢字で

こちらの宮様と眞子さんは、ほんとに似てる、って説が・・。

降嫁すると、宮様がたはけっこう苦労する。

幸せな人って、少ないんだな・・。

これはこれで、お気の毒だけど・・。

ハタチこえた息子を、圭ちゃん呼びする母親。

母子密着がすごいよな

圭さんの文章には、被害者意識がすごかった。

結婚による階級上昇、という意識はバブル時代のもので

圭さんのおかあさまに、色濃くでている

愛子さまありき、で法律は変えられない。

法律とは、そういうものではないから。

って感じで読了。

小室圭さんに、経済力があるといいね~。

眞子さん、宮家から逃げ出して、これからは生活苦じゃ

さすがにかわいそうだからね~。

離婚もありだけどね。

秋篠宮家と小室家posted with ヨメレバ文藝春秋編 文藝春秋 2022年02月18日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。