「数字に弱い」日本人の超危険な生活 高橋洋一×上念司 ネタバレというより備忘録。 ビジネス本の教科書!国家破たんはない!

作家買い。

高橋洋一さんのファンなので。

数字でちゃんと説明してくれるのがいいです。

1,コロナ感染症問題の嘘八百

2,日本医師会と専門家の罪

3,コロナ後の日本を考察する

4,経済政策の裏側

5,少子高齢化社会の真実

6,こんなヤバイ日本の法律

検査してコロナを隔離すれば、大丈夫なのか。

隔離って、日本の法律ではできない。強制力がないから

マンモ受けても受けなくても、乳がんで死ぬ率は変わらない。

肺炎、インフルエンザで死ぬ率が激減した。

日本はロックダウンできない、法律がないから。

病院への強制もできない

指令命令系統がないから。

国防法がないから

反ワクチンは世界中にある、異物を入れたくない、って考え

清算払いと、概算払いの違いもわかってない。

小池さんは、日の当たり方とリスクの避け方が天才的

コロナは、新規感染者の数より死者がでない方が大事。

死者が増えると医療崩壊になるから。

共産主義国の成功率は5%。

国有化で、金を産むガチョウを殺していく。

イギリスは発明を私有財産として認めて産業革命がおき

中国は認めないので「皇帝と奴隷」のままで、発明が進化にならない。

資本主義は限界かもしれないが、代わるものがないので、限界破たんにならない。

左翼をバッターにたとえると

偉大な人の孫だから大丈夫、ってこと。マルクスとかな

数学は教育と関係ない。算数は教育だよ。

資本主義のいいとこは、合理性を考えるちょこっと賢いひとが

リターンを得る、って仕組みがあるとこ

新興国の1万ドルの壁。これは、ほんとうに明確だな。

中国は1万ドル超えてないぞ

不良債権問題は虫歯と同じで、抜くしかない。

インフレターゲットは、失業率を下げるため。

今、日本の失業率は低いから、インフレにする必要がない。

現在の年金制度は、少子化に耐えるようになってる。

GPIFなんて、高給取りばっかだから、いらない

技能研修と留学生に、ちゃんとした就労ビザを

就労管理は、デジタル管理が最適よ~。

労務関連は、デジタルと親和性が高い

都心のワンルームがガラガラ。

大学の入学定員も、オンラインがすすめばいらない

マスコミも銀行も、デジタル化で、居場所がなくなる。

高齢化は怖くない、数字でちゃんと予測できるから。

人口が減っても、労働性をあげれば、おいつく

1万ドルの壁は、民主化の壁でもある。

きちんと、頭をつかった人がリターンを得る民主化の先に

1万ドルの壁は壊れる

人口爆発は、現在、アフリカだけ。

経済的におちつくと、爆発はおさまる(中国みたいに)

で、人口が増えなくなると、食糧不足はなくなる。

年金の基本は

20歳から40年保険料を払って

60歳から80歳まで20年間、年金をもらう。

2割積み立てて、4割もらう。とっても簡単な数字。

80歳までに、年金をもらう人の半分は亡くなってる、って死亡係数もあるから

破たんしない。

保険料とは、誰が払ったか分かるから保険。

年金定期便は、会社が半分はらっている

自分も半分払ってる、はずだったのに

会社は払ってないわ、自分が召し上げられていた分も

会社がネコババして、年金がもらえない、

という、消えた年金問題を解消するために

定期便で、本人に届くようになったの。

これ、とっても大事なのね。

眼からウロコ

今、土地を持ってない人なら

賃貸が良い。会社を作って、経費で家賃を落としたらなおのことよい。

バランスシート。

資産があるなら、それがすぐ現金化(売却)できなくても

資産を担保にお金を借りればいいわけよ。

東京都の隠れ資産は膨大だから、絶対に破綻しない。

関連会社が、ものすごくあるから、これが資産だから

現金と国債はあぶない、ってのは、絶対の嘘

日本は破綻しないからな。

自然保護について

左派の人は環境優先、先進国でのマウント獲り

経済学では、稼ぎの種

日銀には、雇用への責任がある。

最初の、インフレターゲットの話な。

日本の新聞社には、株式譲渡制限がある。

他からの買収を受け付けない

テレビは、新聞社のものだから、これも同じ。

今、ネットの時代になって

テレビも新聞もじり貧

しまむらは、テレビCMをやめた

MMT

私は、これがいいと思ってました。

輪転機を好きなだけ回す。

日銀がやるのね。

でも、回しすぎるとハイパーインフレになっちゃう。

私も、そこまで回してほしいとは思ってなかったんですが

まぁ、考え方としては、過剰印刷、っての視野にいれての論法だから

そういう場合もあるかな~って。

って感じで読了。

いや~。面白かった。

夫なんか、完全に理系の人なので

この本、ものすごく納得して楽し気に読んでましたよ。

ビジネス本としては、教科書でしたね。

一読をおすすめ

「数字に弱い」日本人の超・危険な生活posted with ヨメレバ高橋洋一/上念司 ビジネス社 2021年12月03日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。