物件探偵 乾くるみ ネタバレ注意 不動産を舞台にした推理モノ。微妙~。

立ち読みしたら面白そうだったので読んでみました。

小説新潮連載の短編の推理小説集。

不動産のウンチク満載で、面白かった話と

そうでもない話がありました。

読後感は良いです。

1,田町9分1LDKのなぞ

2,小岩20分一棟売りアパートの謎

3,浅草橋5分ワンルームの謎

4,北千住3分1kアパートの謎

5,表参道5分1Kの謎

6,池口袋5分1DKの謎

不動産投資を始めよう、とワンルームを買った中山。

静岡在住で、リーマンで、老後のための都内の物件を買いましたが

現状を見るより利回り重視で

住居者居住中だから、132000円の家賃が入る、って購入。

管理費などなどが引かれるけど、十分な利回りだったのに

あっという間に居住者が退去。

住む人がいなくなったので、物件を見に行ったら、オンボロ。

前の値段ではとうてい借りてがつかない。

家賃を下げれば、当然利回り低下。

むむ。と思っていたら不動尊子と名乗る女性が、これはサギだって。

古い売れないマンションを持ってる者同士が

それぞれ居住者として家賃を払いあって、高値で売ろうというやつね。

それなりに面白かったけど、不動さんの登場が唐突でね~

2つ目の話が一番面白かった。

古いアパートに住んでる学校の先生。

一棟売りのチラシをみたら、自分の住んでるマンションで

まぁ、単なるオーナーチェンジだと思っていたら

チラシには、一部屋空き部屋があるってあるし、その部屋は自分の住んでるとこだし

修学旅行から戻ってきたら、家具が動かされた気配があるし、って。

先生の部屋の家賃を、留守だって家主に嘘いって、着服していた

不動産会社社員の画策でした、おもしろかった。

やり方は、本編を読んでみてください。

マンションに住んでる谷さん。

離婚して息子を育てていた前妻が急死して

いろいろあって、息子をひきとることに。

引きこもり、とのことだけど、前妻の生命保険で住むとこ確保すればなんとかなりそうです。

で、住まいを、谷の上の部屋にしようとしたら、ハトの死骸の嫌がらせや

上の階からは足音などなどが。

で、謎を解いてみると、谷の足音がうるさい、って階下からの嫌がらせ。

これは、ちょっとホラーでした。面白いので、是非

4つ目は、不動産会社さんが善意?で画策したはなし。

安くても埋めたい大家と、もっと高くして大家さんを助けてあげたい不動産屋

ちょっとすれ違いですが、終わり良ければ総て良し。

老後、趣味の場所を確保したくて、マンションを探してたら

荷物をそのままの状態での購入、って話があって

趣味の品が沢山で、ひょっとしてお宝かも、とも思い購入したら

荷物が全部なくなってました、って

なぜ?ってミステリーでしたが

マンションの住居人全部がかかわってましたね。

本編で是非

メゾネットマンションの話。

自殺した、っていう事故物件。

気にしない、って購入した男性と、亡くなった女性の妹だっていう女。

これは、構成がちょっと難しかったな~

もうちょっと面白くなりそうでしたのにね。

って感じで読了。

都会の不動産をめぐる、ちょっと不思議な事件の謎解き、っていう

ミステリーとしては良い素材だと思うのですが

謎解きする不動さんに魅力がないからな~

ちょっと残念でしたが、時間つぶしには十分な作品でした。

物件探偵posted with ヨメレバ乾 くるみ 新潮社 2020年12月23日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。