無理ゲー社会 橘玲 最新刊のネタバレ注意 ものすごくキャッチーなタイトル。面白かったので一気読み。リベラルとは?知能による格差とは?

作家買いです。

新書。

無理ゲーか・・ぁ。

女に相手にされない男の登場

αという、女を独占する男の登場

リベラルって、残酷だよね、って話でした。

知覧、という土地がパワースポットになるって話は

興味深かった

スピリチャル本ではなく

感応する、共感することで時代を超えてつながるって

あるよね・・。

貧しい国は伝統価値と存在価値が高く

豊かになると、非宗教的、自己表現価値へとシフトする

スクールカーストは

SNSによって、グローバルになって、教室だけ、を超えていく

リベラル=自分らしく生きる、という抑圧の残酷さ

人は徹底的に群れで生きる生き物だから

社会と個人のアイデンティティの二つの間で苦しむ

第二地大戦後の英国は

上流階級の特権をなくして、労働者階級をミドルクラスに底上げし

そのために教育をするってことでした。

けっか、知能による格差、が生まれることになる

門閥による貴族を、才能による貴族制度、に変えたリベラル

能力の違いに、公平と平等は存在しない。

機会を均等しても、才能による差別は残るから

努力できるかの能力の半分は遺伝で決まる。

子供たちは仲間に染まるので

裕福な地域への引っ越しは、有効な手段となる

アメリカの白人は、高学歴と低学歴で分断されている。

日本でも、大卒の親は大卒にこだわるが、非大卒はこだわらない。

そして、大卒の給料もあがらなくなっていく

恋愛強者のα男が、女を独占する。

妻一人夫一人のしばりの中では、特にそうなる。

国家が国民徴兵することで、男の不満を抑えるために

人口的に半々の女性をあてがうようにしたシステム

女の評価がつきあう男で決まるなら、賢く魅力的な女性が、ステイタスの高い男を選ぶのは当然

結果、低所得の男には女がまわってこない

実際、結婚できない男性は低所得者が多い。

人間の歴史において、平和が続くと不平等が大きくなる。

日本には100万人を超える「ひきこもり」がいる

リベラルの中、高齢者につぶされていく若者たち

MMT

輪転機を回す国は破綻しない、って学説

私も信じてましたが

米ドルだけ、ですし

最近は、やばくなってきてますね

失業は、人間の尊厳をそこなう

ならば、国家が職を用意するのか?

離婚すると、経済的に破たんする現在の日本の女性たち

結婚しないよね・・。

職業訓練は、そんな復帰組の女性たちにはとっても有効だけど

やる気のない男性には、役に立つことが少ない。

男の失業と、シングルマザーの集団では、カンフル剤が別なのね

女性の子育てに男性が必要なくなったら

モテ・非モテだけで、男が選ばれる時代になるのか?

貨幣の支配から、評判が支配する時代へと

うん、とっても面白かった!

一読をおすすめ

無理ゲー社会posted with ヨメレバ橘 玲 小学館 2021年07月29日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。