DIE WITH ZERO(人生が豊になりすぎる究極のルール) ビル・バーキンス 世界ベストセラーの翻訳本のネタバレ注意

0で死ぬ。

財産残さない。

思い出だけがすべて。

うん、納得

1,今しかできないことに投資する

2,一刻も早く経験にお金を使う

3,ゼロで死ぬ

4,人生最後の日を意識する

5,子供には死ぬ前に与える

6,年齢に合わせて、金、健康、時間を最適化する

7,やりたいことの賞味期限を意識する

8,45~60に資産の取り崩しを始める

9,大胆にリスクを取る

大切なのは、自分が何をすれば幸せになれるか知り

その経験におしまずお金を使うこと

はした金を貯めるな。

会計の社会で知られた、消費の標準化、のこと。

使うお金は、収入が増えても減っても標準化=一定にする、ってこと。

豊かになるはずの将来の自分のために、貧乏な今からお金をむしりとる、ってこと

このシャツのために、2時間も働けない

人生で一番大切なことは、思い出作り

老後で何より価値が高まるのは、思い出。

医療費は、病気の治療に使うより、予防に使うべきだ

富の最大化を目指す本ではなく

人生の喜びを最大化するために書いたんです。

子供たちには、あなたが死ぬ前に財産を与えるべき

子供が26~35歳の時に与えるのが最良

給料が安い時に、貯蓄するのは間違ってる、という説があるけど

これは、給料が先にはあがる、って前提での消費ですね

リスクを取る価値のあるものだけを、使うのだ

旅行を躊躇する理由

60歳未満は、お金と時間

75歳以上は、健康上の問題

金、健康、時間、のバランスが人生の満足度を高める

健康の改善は、人生を改善する

中年期には、金で時間を買いなさい

時間を作るために金を使う人は、収入に関係なく

人生の満足度を高めることができる

最大の後悔は、勇気を出して、もっと自分に正直に生きればよかった。

人は終わりを意識すると、時間を最大限に活用しようとする

経験から多くの楽しみを引き出せる時間があるうちに

純資産を取り崩していくべきだ

資産のピークは、金額でなく、時期で決める。

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルールposted with ヨメレバビル・パーキンス/児島 修 ダイヤモンド社 2020年10月01日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。