習近平敗北前夜 田村秀男×石平 ネタバレ注意 ものすごく面白かった。中国考察と翻って日本の経済浮上への提言!

作家買いです

最近、石平氏の本を読んで、分かりやすい文体と

なっとくのいく考察で、ファンとなりました。

2020年8月に出たばかりのビジネス本です(^^)

はじめに

第1章、ドル本位制の中国が米国に歯向かう無謀

第2章、香港で壮絶なギャンブルに出た習近平

第3章、2億人の失業者が生まれるいびつな独裁国家

第4章、これまで日本経済が低迷してきた根本問題

第5章、中国なき「ジャパンファースト」への覚醒

第6章、暴発する権力闘争と帝国主義

第7章、米中デカップリングという葛藤

終章、脱中国で繁栄する日本と世界

ドル本位制

世界の経済はドルで回っていて、人民元の裏付けもドルにある

で、アメリカが、ドルでの後ろ盾を許したから、今の中国の繁栄がある

ってのが、基本

1、人民元をドルとリンクさせる

2、ドルの裏付けで輸出する

3、安価な労働力をつかって輸出で稼ぐ

これが、中国繁栄の秘密

で、ドルに守られることから逸脱したくて

一路一帯を推進、ドルではなく、人民元を流通させようとした

第一次、第二次大戦の元凶となった植民地的囲い込みね

香港のこれから

香港人の大量国外逃亡

人材と資産の流出

外国企業の撤退

自由貿易、金融センターとしての地位の没落

で、現在中国は、香港の機能低下にともなって

外貨準備を減らさないために、チャイナプレミアムって追加料金はらって

外貨をかき集めてます

こういうことを、習近平が分かってない、ってのが元凶

彼は二世であって、知的能力で抜擢されたわけではないから

金の前には頭を下げるのが強欲的資本主義ですが

中国、というか習近平は

その資本主義が、とつぜん強欲より理想を選ぶ瞬間があることが

わかっていない

半導体は、アメリカが5割、情報を押さえている

けんかを売った習近平は、ほんとに信じられないオバカ

ベオグラード中国大使館へのアメリカ誤爆は、誤爆じゃなかったのね

国に力がないって、こういうことなんだ・・

台湾を援助する中国

でも、台湾軍には中国よりもいるから、台湾のアメリカ大使館(米在台協会)は

完全に一つで完結してる

こういうことする米国だから

今の韓国のこと、ほんとに信じられないだろうね・・

2016年、IMFのバスケット通貨に

人民元が入ったけど、だれも、人民元を使ってない・・

GDPの6割が個人消費の日本

アメリカが7割

ヨーロッパが6~7割

中国は4割

中国の台頭の基本は経済力で、それが習近平にはわかっていない

しかも、刷ることのできる人民元ではなく

ドルが支えてる中国経済・・・

このレートがくずれると、蒋介石末期のように崩壊していく

で、アリババの会長は、賢いから、国が最終的に個人の財布に手出しするとわかってるから

巨額の資金をアメリカに移し、残りを中国の教育に寄付して

身の安全を確保した

そう

コロナのあと、中国は経済の不調を、富裕層から奪取することで埋める

最初は、習近平と敵対する奴らを、賄賂とっただろ、ってすいとり

やがて、敵対者からすいつくしたら

次は、民間の金持ちだね・・

さて、日本経済について

金融ばかり入れ込んで、経済立て直しを求めると

必然的に株価は上がる

で、株を買わない、買えない、人は貧乏になって二極化する

日本政府は、緊縮財政と消費税でデフレを容認して

銀行とか企業は、余ったお金を金融(ウォール街とか)にいれて黒字となった

だから、緊縮財政をやめるか、消費税をやめるかで、デフレ容認を

やめるしかないのか・・?

アベノミクスは、株価の持ち直しと円高から円安への転換、失業率の低下

でしたね

アメリカから戦闘機を買ってもブラックボックスは教えてもらえない

日本のジェット機が遅れているのは

アメリカが飛行機の情報を押さえ、日本にないから

でも潜水艦とかのは、もってるのね

日本の目標は、イスラエル

アメリカのハリウッドと言論界はユダヤ系が握っている

トロンは、日本に力をつけさせないためにつぶされた技術

株主中心主義の究極の形は、労働力をすべて機械化することね

でもそれは、政治的には、国民の幸せにならない

ドルの金利政策がソ連を崩壊させた

で、今のアメリカは、中国の政治家は黒、敵、としても、人民には呼び掛けている

習近平の、脱貧困、ってスローガンは、ぜったいに目標の年にクリアできない

メンツ、丸つぶれ

習近平の次代は、彼に失敗を全部かぶせることを望み

何の手助けもしないだろう

漢民族ほど、差別意識のつよい民族はいない

そしてアメリカは、本気になると、国家をつぶすにためらいがない

フィリピン

ハワイ、

日本

ソ連

みんな、アメリカにつぶされている

コロナの先の中国は

失業した農民工の不満から反乱になっていくだろう・・

で、治安の悪化で国家権力がつよくなり

海外で爆買いする国民からパスポートを取りあげて

国内消費へと、強制する

国際協調を猛進する愚かさ

WHOを信じていない日本

でも、お金はだす日本

アメリカは逃げた

同じく国連に金をだす日本

何もしてくれないのに?

アメリカの覇権は、軍事力とドル

この二つがある間は、日本は傘下でいるべきですね

習近平敗北前夜 脱中国で繁栄する世界経済posted with ヨメレバ石平/田村秀男 ビジネス社 2020年08月05日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。