枕絵 吉原裏同心(7) 佐伯泰英 枕絵で恐喝する男と、松平定信の側室を江戸までお連れするお話 ネタバレ注意

人気シリーズの7巻目

枕絵での恐喝ネタも面白かったけど

まさか、松平定信の側室を、江戸に運ぶ警護話が!

面白かったですよ(^^)

1章、甚吉とおはつ

2章、からくり提灯師

3章、火付け六十六部

4章、五人の雛侍

5章、身重道中

幹次郎たちとの幼馴染でもある豊後岡藩の甚吉は

藩が貧乏になったのでクビとなり

幹次郎の口利きで、吉原の店の下働きに

そこで、おはつと知り合って、好きあって、所帯を持ちたい、って

そしたら、実は離婚経験のあるバツイチで、息子は嫁ぎ先に

置いてきたって、打ち明けられます

甚吉はそれでも所帯を持ちたい、といいますし

お互いの気持ちは変わらないのですが

おはつのふるさとに挨拶に行ったのに戻ってこない

心配して、幹次郎が会所の長吉を連れて見に行きます

おはつの元の亭主は、地元のヤクザに見込まれてやりたい放題ですが

ヤクザは、亭主の実家の財産狙いなのね

で、幹次郎たちに一喝されて、舅はついにバカ息子に引導を渡し

無事におはつは婚家から離別して、所帯を持てることに

灯篭職人の秀次ってのが殺されまして

真相を探ると、秀次ってのは、女を襲っては、それを枕絵にして

それをネタにさらに女を襲うってやつでした

秀次を恨むやつは多かったですが

秀次の職人技は、兄弟子の遺品の設計図を盗んだものだ、ってわかり

そっちから、犯人がしぼられましたね

3章からが、松平さまの側室を江戸に連れてくるお話

なんで、そんな話に吉原が首をつっこむか、といいますと

側室のお香さまは、もともと松平さまと幼馴染で

父上がハメられて御家没落

吉原に身売りされたんですが、吉原がいろいろ考えて

買ったばかりのお香様を、献上って形にしたらしいのね

で、二人は無事に仲良く暮らしてますが

今回、松平さまが老中になって江戸に戻るので

松平さまのアキレスけんであるお香様も、江戸へ、って

アキレス腱になるほど、溺愛してるし

迎えに行ったら、お香様は身重でした

幹次郎の妻の汀女も、旅のお供で参加して

道行の中での戦いを潜り抜けます

今回のみちゆきのは、おしまの遺髪を届けにいった旅で

ひと皮むけた宗吉も参加してますね

こういうのが、長期シリーズの良いところです

身重なので、いろいろアクシデントもありますが

松平さまの配下の若侍5人も護衛に入り

人を斬ったことのない雛侍ですが

旅の間に成長していきます

で、最後の最後に強敵登場

もはや、お香様の奪還とかではなく

幹次郎と尋常に勝負したい、って

幹次郎が勝ちますけどね(^^)

って感じで7巻終了です

面白かった(^^)

枕絵posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2006年07月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。