薬屋のひとりごと(9) 日向夏 最新刊のネタバレ注意 腑分けを女子がやる・・

ネット小説ですが

紙媒体になるときに、いろいろ追加がありまして

終了時は、けっこうネット小説から変更があります、って

作者が明言?しているようなので、楽しみです(^^)

序話

1話、ヤオの頼み

2話、離宮

3話、カダの書・前編

43話、中編

5話、後編

6話、西都の誘い

7話、禁忌

8話、秘密の教室

9話、告発

10話、実技訓練

11話、腑分け

12話、数字の秘密

13話、ぎょくおうという男

14話、選抜

15話、旅の準備

16話、船旅

17話、チュエ

18話、亜南の宴

19話、消えたやぶ医者

20話、壁凸

終話

実は帝の息子の壬氏は

皇太子になりたくないので

帝の皇后の名前の焼き印を、自らに押して

皇太子を強制退去いたしました

これが8巻の終わり

ネット小説にはなかった展開です

やけどの処理はそれなりに難しいので

猫猫が、その治療を一手に引き受けることとなり

なしくずしに、壬氏担当であり、猫猫を愛している壬氏から離れられないことに

さて、その一方で

猫猫のうちにお泊りしたい、と言い出したヤオのために

猫猫は、実父の家へと、ヤオとエンエンを連れていきます。

そこには、猫猫の慕う養父のノートとかもあって

医者に女性がいない時代で、その理由の一つに

死人の腑分け、とかがあるのね

外科って、そういうことだものんね・・

さて、壬氏は、後宮に嫁がくるのを嫌って

出張します

で、傷の手当のほかにいろいろ必要で

一団になって船団で移動中です

ヤブ医者君も、移動してますが

彼が巻き込まれる事件を猫猫が解いて助けたりもしますね

さて、壬氏の愛に猫猫は答えるのか

イナゴの害はどこまで甚大となるのか

などなど、ヒキがつよいままに

9巻は終了です

次巻も読みます(^^)

薬屋のひとりごと 9posted with ヨメレバ 主婦の友社 2020年02月28日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。