うちの旦那が甘ちゃんで(4) 神楽坂淳 写生会で強請事件 ネタバレ注意

人気シリーズの4巻目

3巻の終わりで、沙耶の絵姿を描きたい、って男が登場いたしました

で4巻が始まります

強請と絵姿

人情と色悪(前振り)

初ガツオに、生里節

ああ、おいしそう!

さて、同心の妻である沙耶の絵姿

描くのを拒みすぎると、前回の田宮の件で、ちょっときな臭くなっている

火盗改めと、またもめそうなので、絵姿を描くのはいいけど

売るのはダメ、ってことにしました

で、最近、写生会に乗じて強請をする、って事件があったので

その写生会への潜入捜査を、奉行が沙耶に(つまりは月也に)依頼してきます

同心仕事で、いろいろ歩く月也ですが

花見をしながら、沙耶の方がきれいだ、とか

手をつないで歩いたり、うん、甘々ですな~

甘ちゃん、って、こういう意味もあるのか(^^)

捕り物で協力してくれた、女装男子の牡丹ちゃん

とってもイケメンになりそうですが、この子が沙耶が好きみたいでね

出てくると、場面?が華やかになって好き

このシリーズ、だんだん推しキャラが増えてくるのがいいです

漫画化できるな、これ

うなぎ屋のさきちゃんも、いまは元気になって、沙耶の周りをうろうろしてますね

で、本作では、八百善で、沙耶と月也は食事します

今なら、帝国ホテルのフレンチ・レセゾンで、ディナーする感じかな

お高い!

でもホスピタリティも抜群、ってお店ですね

で、武家以外の世界をのぞき見しつつ

本作で知り合うのは、深川の岡場所の主の狭霧です

遊女から成りあがって店持ちになるのて、すごいな~

で、ここで絵姿を描く写生会を開催することとなり

一人3両を払うのね、ものすごく大金

で、写生会のモデル女子も、当然高額をもらうけど、

ここで沙耶は気づきます。

高額をもらったこは、もっと欲しくなって犯罪予備軍にならないか?って

さて、写生会のモデルは沙耶ですが、描いた絵は持ち出し不可、ですって(^^)

で、犯人がひっかかりまして

強請の方は、被害届がないので、もうしない、ってことで落着

でもって、犯人側にちょっとかわいそうな事情があったので

音吉が間にはいって、経済事情を、丸く収めました(^^)

色悪が出没して、娘たちから大金を巻き上げる事件が発生

根深いことに、女たちは、自分は騙されてない、きっと来てくれるって

いまだに待ってるんだって

かわいそうに・・

で、相変わらずのおとり捜査

でも、月也は、愛する沙耶が色悪にたぶらかされそうで、いや

で、音吉や牡丹も心配して

牡丹が、囮役に立候補しますが、元色悪の男が

牡丹はひっかからない、って駄目だしが

で、佐那が囮になることになりました

ってとこで、5巻へ

うちの旦那が甘ちゃんで 4posted with ヨメレバ神楽坂 淳 講談社 2019年06月13日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。