本好きの下克上(短編集)(2) 香月美夜 最新刊のネタバレ注意。トゥリーの初恋とルッツとの婚約話。

色々な短編の集まった2巻。

本編の視点は、基本ローゼマインからのものなので

他の視点からのお話が加わると、物語に深みがましますね(^^)

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 短編集2(2) [ 香月美夜 ]

本好きの下克上・第二部(神殿の巫女見習い)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

本好きの下克上・第三部(領主の養女)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

本好きの下克上・第四部(貴族院の自称図書委員)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

本好きの下克上・第五部(女神の化身)(香月美夜) | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

エーファ視点で、初めてフランとギルが貧民街のお部屋に来た時の話。

貴族にも使えられるような側仕え教育に、エーファがたじろぎますね

死にかけの孤児が、マインの知るところとなり、ギルにご飯もらってるところです。

助かって良かった・・。

ブリュンヒルデが、上位領地から来た、領主の姪のアウレーリアを見つめるまなざし。

ローゼマインが、下級領地のエーレンフェストの布を、アーレンスバッハからの花嫁に、当然のように勧めることに、びっくりしている、周りの様子が初めてわかりましたね。

意思疎通の難しい環境だわ・・。

ハルトムートをムコに、とススメる母親に

絶対にやだ、って言い切るブリュンヒルデです。はは

エルヴィーラに、ブリュンヒルデの領地での欠点を教えてもらいます。

むずかしいよね

ヒルシュールのとこの、ライムント目線の話も面白った

政変で貴族が減っていなかったら、神殿入り、って言われていたライムント。

勉強したくても、庇護者はいない、とあきらめていたら

ヒルシュールに認められ、尊敬するフェルディナンド様とも面識を得て

とっても幸せですね

ヒルシュール先生は、忖度で弟子を選ばない。すばらしいです。

トゥリーが、ベンノさんへの恋心を自覚し

大店の奥様は務まらない、って、恋愛だけでなく、いろいろ考えて失恋し

そんなトゥリーの傍にいてくれるのはルッツで

この二人は、結婚が必然になっていくわね。

この短編集は、神殿から灰色神官たちが拉致られたときの

下町兵士、おもにギュンターと、ダームエルの活躍も描かれてます。

連携で、神官たちは助けられ

貴族であるローゼマインはもちろんのこと、兵士たちまでが動いてくれて助かったことを、心から感謝するのね。

よい話じゃ。

ユストクス視点での、ローゼマインの話。会話の相手はエックハルト。

最初は、今後も結婚しないなら愛妾にってエックハルトは

フェルディナンド様に言われ

次は、父上のカルステッドの娘になり、領主の養女にと

ローゼマインの魔力量がはっきりしてから、扱いが替わっていたのね。

で、この二人は、何でもできるフェルディナンド様にとって

想定外、とか、難しいことを起こす、という存在がレアで楽しいのだろう、って

今回の短編集で、目からうろこなのは

バルトルト視点の話でした

ヴェロニカ派閥だったバルトルトにとって

マティアスたちの行動は裏切りでしかなく

バルトルトは、ともに貴族院にいる妹のカサンドラを守ろう、と必死です。

いいお兄ちゃんなのよ・・。

カサンドラは、反逆の話とか知らず、親の派閥で、シャルロッテに名ささげをすることになります。

これがあるから、のちにヴィルフリートを裏切るのね。

というか、彼にしたら、首尾一貫、反領主派閥なのか・・。

中央騎士団副団長のロヤリテート視点も面白かった

中央騎士団は、取り込まれてましたからね・・。

トゥリーとルッツの婚約が調いました

普通、男の子は食い扶持が稼げるまで結婚できませんが

ルッツは有能だから、その点は、年上のトゥリーを娶っても大丈夫なのね。

かわいくて、平民のトゥリーに目をつけて

囲い者にしたいおお金持ちや貴族がいるから、早く結婚した方がいいの。

一番怖いのは、トゥリーになにかあって、ローゼマインが怒り狂うこと・・。

レティーツアに、礎に魔力供給させる、って話がデートリンデから出て

冷たいけど、冷酷ではないフェルディナンド様は

レティーツアを祈念式に連れ出すことで、守ろうとします。

祈念式で初めて魔力供給を体験したレティーツアは

こんなことを、いきなりやらせるというデートリンデの冷酷さにびびります。

そして、祈念式でへろへろになる、レティーツアの側近たちを残し

フェルディナンド様と、側近のユストクウ、エックハルトと、素材集めに飛び回ってるらしいです。

何を集めてるのかな~。

偽物のあの本を、つくるための素材かな~。

ってとこで2巻終了。

本作では、ベンノの押し込めた恋心と

ルッツとトゥリーの婚約事情がわかって、とっても良かったです。

本編が4月にでるので

それも、とっても楽しみです!!

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 短編集2(2)posted with ヨメレバ香月美夜 TOブックス 2022年03月10日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。