宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(6) すずの木くろ ネタバレ注意

なろう小説の6巻め

異世界転生もの、ではなく、異世界召喚もの、でもなく

扉を開けたら異世界でした、って展開です

こっちで40億円げっとしてるもんだから

買い物、し放題で、

それをばんばん異世界に貢いでいる一良です(^^)

序章

1章、鉄器と焦燥

2章、霧の先へ

3章、神様の定義

4章、採るべき道は

5章、4人の首脳+1

転章

番外編、匂いクラゲの騒動

序章では、前巻の続きですね

バレッタが、一良のいる領主館に到着です

で、抱き着いて号泣するバレッタを見て、リーゼが嫉妬ですね

1章では、開戦前、敵国に鉄器がありそうだって気づいて

こちらもその準備にかかります

あと、現在こっちでは井戸掘りをしてるんですが

水脈を調べるのに、夜のうちにコップを伏せておいておいて

翌朝に水滴がついていたら地下に水脈がある、っていう方法

初めて知りました

すごいですね~

バレッタは、一度読んだものを写真を見るように記憶する能力があるようです

すごいチート!

そして一良は、戦争は反対だし武器も作りたくないが

顔みしりの友人たちが死ぬより、敵国を殺す方がまし、って腹をくくりましたね

ナルソンに、鉄器の導入を勧めます

クロスボウの作成をバレッタがジルコニアに継げますが、一良に内緒ではダメって

2章では、コルツが剣の練習中で、森で不思議な人に会います

教えてもらいますが、彼女も人ではないようで・・。

村にはロズルーさんが駐屯中です

剣豪な女剣士で、アイザックの親類ですね

で、リーゼのとこではパソコンが

ネットはつながらないけど、エクセルはできるのね

ははは

で、村にもどって現世での調達品を扉の向こうに買いに行きます

現世には三か月ぶりとかで、一良の父親も心配してましたね

このお父さんが、何か知ってそうですが

6巻現在まで、伏線のままです(^^)

3章では

買い物帰りの一良が、ニィナたち女子たちの計略で

バレットと納谷で二人きりになったんだけど

そしたら、納谷が壊れて大騒ぎです

で、一良がけがをしたので、一良は神様ではないのか?って

人間ですけどね

4章では

イステール領が、一良たちのいるとこですが

その隣のグレゴルン領が飢饉で大変みたいです

そんな中でイステールの復興は異常なのね

一良が手助けしてるからなんだけどね

でも、こっちの人たちもてこの原理を使いこなしたりして賢いです(^^)

で、開戦に向けて色々やってるんですが

そんな中で、マリーの実家は母国を見捨ててバルベールに亡命しようとしてて

それをマリーが知っちゃいます。

戦争になれば傷病兵も増えますしね

一良は薬草園とかも見てみます

で、丸め込まれそうになったとこを、バレッタが助けてくれました(^^)

で、アロンドがそのあとを引き受けてうれて、すごい好条件で契約できましたね

アロンドはマリーの異母兄です、亡命を考えている男の長男です

この人が、どっちに転ぶのか、気になりますね

でも、バレットを側に欲しい、って引き抜きにかかってますから

一緒に連れていきたいのかな?

5章では、戦争前のトップ会談ですね

王=エルミア・アルカディアン

皇太子のルグロ

ダイアス・グレゴルン

ヘイシェル・フライス

ナルソン・イステール

開戦に向けての会議を宴の間にね

転章

バルベール側の視点です

アルカディアとの国境線に来た子も、異世界から?

伏線てんこ盛りです

番外編は

媚薬?らしい匂いクラゲでの顛末ね

マリーもだんだん一良が好きになってるのかな?

って感じで6巻終了となりました

おもしろかったので、続きも読みます

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 6posted with ヨメレバ今井ムジイ/すずの木くろ KADOKAWA 2019年09月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。