魔導具師ダリヤはうつむかない(4) 甘岸久弥 感想レビュー備忘録。一番好きなシーン「誉れをいただきたい」

大好きなシリーズですが

シリーズ屈指の、ダリヤが超かっこいいシーンが4巻です!!

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 4 (MFブックス) [ 甘岸久弥 ] ←あらすじ

王城向け礼儀作法と緑の塔の姫君

ひき肉のラビオリもどきと魔女の家

曇天の遠征

王城正規納品と魔物討伐部隊

幕間・服飾ギルド長と貴族の流儀

シメの塩スープパスタ

幕間・商業ギルド長と貴族の流儀

唐揚げと年上の男友達

人工魔剣制作4回目~嘆きの魔剣

友の誤解と微風布

幕間・夜会の迎えと初めての紅茶

誰がための遠征用コンロ

幕間・意地っ張りとつながれた者

ダリヤという名の魔道具師

番外編・父と娘の魔道具開発記録~声渡りの魔道具

オズヴァルドさんを、魔道具師の師匠にお願いするダリヤです

オズヴァルドの息子さんに伝える、ってお約束でね。

オズヴァルドは、ダリヤの父の学友でもあるので、亡き父が「暴風雨」と呼ばれていたとか、知って驚きます(^^)

このお話は、食事の風景が沢山でてきてまして

本作では、ラビオリ=ぎょうざ、がおいしそうです。

で、一緒に食べるヴォルフは魔物討伐部隊の人なので

魔導具師の素材としての、魔物のお話も多々。

ヴォルフは、金色の眼で、女性からモテますが

ダリヤも、ダリヤの親友のルチアも気にしないので「類友ですね」と

イヴァーノに言われてます(^^)

良い魔導具師は、男爵になれるのね

ヴォルフの職場・討伐部隊でも、赤鎧には男爵になる道がある。

そうしたら、二人とも身分が釣り合うの(^^)

これ、伏線かな。

ダリヤの魔道具は、服飾ギルドとの協調が大事で

ダリヤの親友のルチアは服飾ギルドで役付きになったし

そんなルチアの上役は、超絶美形で貴族のフォルトゥナート

このフォルト様が、ダリヤの片腕で庶民で、貴族への対応に不慣れなイヴァーノに、色々教えてくれるんですが、その教え方が貴族的。

本シリーズは、貴族の「お約束」が多々あって、それがおもしろいので

ここらは、ぜひ本編を購入して楽しんでください

で、イヴァーノを大事に思っていた師匠のガブリエラとかが、貴族的に報復するとこも、すごいです。

うふ

ヴォルフは、目のせいで男性との友情がすぐに壊れて

今の魔物討伐部隊で初めて、友人ができてるんですが

ダリヤの親友のイルマと、イルマの夫のマルチェラは

ヴォルフの魅力にも揺らがない人で、ヴォルフはとってもうれしいのね

いい話だ

4つ目の魔剣は、はじめて、もつ人を傷付けない

ふつ~の魔剣でした(^^)

ダリヤが城に行った時に、ヴォルフを大事に思っていた親友のドリノが

ダリヤを誤解してひどいこと言ったので、謝りにきます。

ランドルフと一緒に、緑の塔の謝罪に来て、一緒にご飯です。

いいな~

ご飯を食べてるうちに、5本指ソックスとかの話になり

あせもが辛いって話になり

ダリヤが、微風の出る布をサクッとつくります。

これが、とっても涼しいのね。

で、サクサク話がまとまって、ヴォルフは「イヴァーノに相談しよう」って

イヴァーノは、重宝ゆえの危険にすぐ気づいて

服飾ギルドの長をふくめて、まるっと巻き込んで危険度を分散、魔物討伐部隊に優先権を渡して、王城窓口をそちらに丸投げ、って案を出します。

で、材料はグリーンスライム。養殖が必要ですね。

微風布を、王城に持っていて討伐部隊の人に試着してもらうと、絶賛されます。

窓口を討伐部隊にしないと、在庫を根こそぎ貴族の婦人にとられますよ、って言われて、窓口になる隊長さんです。

そこへ、財務部のジルドが、コンロが予算を超えるからダメ、っていいに来て

ダリヤに向かって、貴族の愛人である「猫」呼ばわりして出て行きます。

ヴォルフを含めて、貴族の隊員たちが威圧を放ったので

ダリヤもルチアもイヴァーノも、固まって動けません。

威圧ってすごいのね・・。

で、グラート隊長が、ジルドの嫌がらせはダリヤではなく自分へのモノで

ジルドの弟を、俺が殺してる、って

ジルドの弟は、食事が合わなくて体調を崩し、落馬して亡くなってて

親友(ジルド)の弟を頼まれていたグラートには痛恨だったらしい。

その後、いろいろ値段を考えたあと

ダリヤは、一つの提案を持って、魔物討伐部隊や他の部署へのプレゼンに向かいます。

その時の「勝負服」を、ルチアとフォルトが作ってくれます。

ここらは、外伝の「服飾師ルチアはあきらめない.2」に描かれてます

プレゼンで出した表は、討伐部隊の死亡率の高さで、よりよい環境を、ってことで食事にコンロを使うことを提案

さらに、討伐部隊にはギリギリの利幅だけをもとめ

代わりに、コンロの裏に「ロセッティ商会」と名を刻む誉れが欲しいって

読んでて泣けた・・。

討伐部隊の面々が、騎士としての礼を尽くす中、財務部のOKが出て

さらに討伐部隊の隊長さんが、ロセッティ商会に相談役になってくれ、って申し出、ヴォルフが笑顔なので、ダリヤはそれを受けます。

ジルドさんは、ダリヤのいうことを、何か聞こう、と騎士として決めていて

ダリヤは、立身出世とかより、討伐部隊隊長のグリートと、ちゃんとお話してください、って

彼女の仲立ちで、親友からすれ違っていたジルドとグラート隊長の仲が修復されます。

騎士団の一つである、魔物討伐部隊の相談役って、貴族なのね

で、ダリヤは男爵になるのが既定路線となります。

コンロを持っての遠征練習は

使用説明のダリヤとイヴァーノはいるんですが

ほとんど、河原のピクニックになりまして

ダリヤを、いいな~、って思う隊の若い子たちが、一生懸命ダリヤに話しかけますが、肉体強化で耳の良いヴォルフが、まっくろオーラでけん制に入ります。

ここらは、是非本編を読んでニマニマしてくださいませ(^^)

亡きお父さんとダリヤとの物語は、本作の番外編を読む楽しみの一つです。

今回は、変声器のお話。

これがあったから、ダリヤは森に男装して出かけられて、ヴォルフと出会うことができたのね。

って感じで読了です(^^)

魔導具師ダリヤはうつむかない 〜今日から自由な職人ライフ〜 4posted with ヨメレバ甘岸久弥/景 KADOKAWA 2020年02月25日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。